写真と旅日記ホーム.
エルサレムと聖書の舞台を訪ねて

イスラエル歴史探訪の旅

2010年10月




オリーブ山よりエルサレムを望む



エルサレムは世界3大宗教の聖地


旧市街はユダヤ教、キリスト教、イスラム教がルツボのように

絡み合っている複雑な町

3000年間、歴史に翻弄され続けてきたユダヤ民族

イスラエルの歴史そのものが聖書に書かれている驚き


一万年前の世界最古の町が発掘されているエリコ

知れば知るほど奥深い国でした

海抜−400mの死海、地球の割れ目で浮かんできました。



目次   (ツアーの日程から離れて作成しました)


            ユダヤ人(ユダヤ教徒)について知ったことa


            出国  イスラエルへ

エルサレム
エルサレム旧市街 オリーブ山から旧市街、嘆きの壁、トンネル・ウオーク神殿の丘、考古学博物館、ダビデの塔

シオンの丘、ダビデの墓→ヤコブ教会→ 正統派ユダヤ教徒の町(メア・シェアリム)  
エルサレム近郊 シナゴーク(旧市街)→イスラエル博物館(死海写本館)→ホロコースト歴史博物館
イエス様の足跡を辿る
故郷 ナザレ(受胎告知教会、聖ヨセフ教会)→ベツレヘム(生誕教会)
公生涯へ  エリコ(誘惑の山)ガリラヤ湖(山上の垂訓教会→主の祈りの教会《オリーブ山》→カペナウム

(黒いシナゴーク)→パンと魚の教会→ギザノール)→カナの婚礼教会→マグダラのマリアの墓

エルサレム入城 ガリラヤからエルサレムへ(最後の晩餐、ゲッセマネの園、万国民教会)
十字架へ 鶏鳴教会ヴィア・ドロローサ

昇天(園の墓、昇天教会、聖霊降臨) 
        イスラエルの歴史 (アブラハムから現代まで)
死海からガリラヤ湖へ
死海周辺(クムラン遺跡、マサダ遺跡、ロトの塩柱)     エリコ→ヤルデニット→キブツ 
地中海沿岸
地中海沿岸アッコ→カイザリア→テルアビブ→ヤッフォ
写真と旅日記ホーム.