旅行会社グローバルユースビューローから「10月のイスラエルはいかがでしょうか」とお誘いを頂いてから、
私の脳裏にはイスラエルしかありませんでした。イスラエルはイエス様がいらした国だからです。
しかし、「行きます!」とすぐには答えられなかったのです。イスラエルの知識は殆どなく、特にエルサレムは
複雑怪奇な町のように思えました。それにイスラエルとパレスチナの問題。今は平静を保っているとはいえ
何時テロに巻き込まれるか分からないからです。主人を始め親戚からも大反対されました。

それでも「行きたい」という思いは胸の奥に押し込んでも押し込んでもいつの間にか出て来て
パンフレットを手に取ってしまうのでした。「10月は行かれない。アレもあるコレもあるから行かれない。」と
理由を並べて自分に納得させていました。しかしそれが次々にクリアされていくのです。
まるでイエス様から「いらっしゃい」と言われているように。
主人も「気をつけて行きなさい」と許してくれました。

テロに遭ったらその時はその時です。あの世界一遅いスイスの氷河特急が脱線転覆すると誰が思ったでしょうか?
どの国でも・・・いいえ、日本にいても事故に巻き込まれるご時世ですから。ただ無事に帰れることを祈りつつ、
期待と不安が入り交じりながらの旅の準備でした。

10月2日(土)
 出国

トルコ航空051便 成田14:15離陸  イスタンブール19:45着陸  時差-6時間

乗り継ぎの空港ホテルに宿泊   
10月3日(日) イスタンブールからイスラエル・テルアビブへ

「搭乗口ゲートでイスラエルに行く目的や何処に行くか等、
質問されますから」と話があり、「英語が話せないのにどうしよう」と
不安のままゲートに並びます。まず添乗員さんが長いこと質問を
受けていました。次の人は聞かれないでOK!あら!次は私。
パスポートと搭乗券をチェックして私の顔を長いことまじまじと見て
(写真と違う?10年前のパスポートだからね)OK!
ホッ!添乗員さんがツアーのグループだからと説明して下さったので
個人には聞かなかったようです。第1難関突破。


夜明けのイスタンブール
イスタンブール  7:55離陸
テルアビブ 8:30着陸 1時間の時差があるので1時間半のフライト


とうとうイスラエルに着きました。次の難関は入国審査。
ここでも何を聞かれるかドキドキ!しかし 何も聞かれず無事通過!

パスポートにイスラエルのスタンプが押されているとアラブ諸国の内、入国できない国があります。
スタンプを押されたくない人は添乗員から「NO STAMP」と印刷した紙を貰っていました。
口で言っても押印されてしまう場合があるそうです。その方たちは別紙に押してもらいました。
押印された紙は審査を出たところで回収されます。これで入国した証拠は全く無いことになります。
私のパスポートは期限が後1年なので記念に押してもらいました。

これでスムーズにイスラエルの地を踏むことが出来ました。
ツアーはご夫婦が1組、女性の一人参加が4人の6名です。皆さん個性溢れた方々です。
並は私一人?でも面白そうな旅になりそう。

これから10日までお世話になるガイドさんと運転手さんに「よろしく」  いよいよ観光が始まります。




イスラエル目次へ
オリーブ山へ



.