神殿の丘

バール・ミツバで賑わう嘆きの壁を通路から眺めながら神殿の丘に行きます。ここでもセキュリティを通ります。
重要な区域には必ずといってセキュリティがありました。
それだけテロに注意しているということですから返って安全かも知れません。

この丘はイスラム教徒が管理していますから、ユダヤ教徒は入ることが出来ません。
観光客でも聖書を持っていると入れないそうです。嘆きの壁は宗教に関係なく誰でも入れるのに・・・


セキュリティを通ります


嘆きの壁の横に神殿の丘に登る通路があります。

セキュリティを通ると嘆きの壁を見ながら高架橋を通ります。

神殿の丘のモロッコ門から入ると銀色のドームが間近に見えてきました。エル・アクサ・モスクです。
名前の謂われは「遠隔の礼拝堂」で、ムハンマドが夢の中でたどり着いて昇天した場所、
エルサレムはメッカから遠い場所なのでそう呼ばれているそうです。

このモスクは8世紀初め、岩のドームを建設した王の息子、ウマイヤ朝
6代カリフ・ワリードが建設したとされています。
ビザンチン時代のバジリカのあった場所です。
その後、何回もの大地震によって破壊修復を重ねてきました。

1099年、第一回十字軍の征服によって神殿の丘はテンプル騎士団の
拠点となり騎士団本部が置かれ、教会や宿舎に使われました。
かつてのソロモンの宮殿跡ということで「ソロモンの宮殿」と
呼ばれました。1187年サラディンがエルサレムを征服して、
再びイスラム教のモスクになったそうです。

ここで血なまぐさい事件が何件も起きています。


エル・アクサ・モスクは「遠いモスク」の意

1951年に当時のヨルダン国王がアラブ人の過激派によりモスクの入り口で暗殺されました。また1969年には
オーストラリアの狂信的なキリスト教徒によってモスクが放火され歴史的に貴重な物が焼失したそうです。


2000年9月にイスラエルのシャロン党首が率いるリクード党議員の一団が神殿の丘のへ強行訪問をしました。
これに反対したパレスチナ人、イスラエル・アラブ人によるイスラエルに対する暴動が広がっていきました。
いわゆる「第二次インティファーダ(アル・アクサー・インティファーダ)」
(イスラエルの占領に対するパレスチナ民衆蜂起)が始まったのです

そしてパレスチナ人のイスラエル国内でのテロ防止を理由に分離壁が建設されました。
この分離壁によってテロはかなり収まったといわれていますが、まだまだ安全とは言えません。
宗教、民族の入り交じったルツボのような地域です。
信じる元の神様は同じなのに、自由意志を与えられた人間は間違った方向にいってしまったのです。


岩のドームと清めの泉

岩のドーム


神殿の丘はユダヤ教、キリスト教にとって最も聖なる場所です。神殿の丘は、かつてアブラハムが神の命令に従い、
息子イサクを献げようとしたモリヤの丘でした。3000年前ダビデがそこに契約の箱を置き、
その子ソロモン王が神殿(第1神殿)を建てた場所です。

イスラム教にとってもエルサレムは、メッカ、メディナに次いで3番目に重要な聖地だそうです。
7世紀、イスラム教徒がエルサレムを征服し、ユダヤ教の神殿跡に岩のドームを建設しました。
イスラム教の開祖ムハンマドは夢の中でメッカから天子ガブリエルに連れられてエルサレム神殿まで旅をし、
神殿の岩から昇天し、メッカに戻ったと伝承されています。岩にはその時のムハンマドの足跡が残っているそうです。

このドームは女性のイスラム教徒が礼拝するモスクです。男性はエル・アクサ・モスクで礼拝します。
聖なる岩の上には金のドーム、そのまわりに2重の周歩廊がめぐらせてあるそうです。
内部の壁のモザイク、ステンドグラス、木張りのドームに施された漆喰塗りなど素晴らしいそうです。
しかし見たくても入れません。


青空に映える黄金のドームが美しい   


岩のドームはウマイヤ朝5代カリフ・アブドゥル・マリクが
建設しました。
エル・アクサ・モスクと同様に何度も地震で修復されてきました。
現在のドームの形は691年に完成したそうです。
以来、再び大地震で破損したり、十字軍によってキリスト教聖堂に
改築されたりしましたが基本的には元の形を保っているそうです。

1994年に一年あまりにわたる改修工事で現在の煌びやかな
「黄金のドーム」が見られるようになりました。改修には
80kg150万ドルの24金の金箔が使用されたそうです。
イスラムの模様は偶像礼拝禁止の為、アラベスクという抽象的で
平面的な装飾文様、幾何学、植物、組紐、文字文様で描かれています。




ドームの中はイスラム教徒の女性しか入れません


神殿の丘 西の広場


神殿の丘を出て旧市街へ

エルサレム考古学博物館

神殿の丘への通路から南は発掘され考古学公園になっています。
博物館はイスラエルの年表、当時の絵や写真、エルサレムの模型が置かれ、
ビデオによる分かりやすい説明がありました。

博物館の建物は遺跡の地下に造られていますので、
外からは現代の建物とは分かりません。素晴らしい!


考古学博物館

ロビンソン・アーチ


西の壁の南端にはかつて神殿からアーチの橋を通り町へ
下りる大階段がありました。

現在は壁からほんの少しアーチの付け根だけが残っています。
非常に高いところにあり、巨大な建築だったと驚きます。
ヘロデ大王は偉大な建築家でもあったのです。
アメリカの聖書歴史地理学者エドワード・ロビンソンが
発掘したのでロビンソン・アーチと呼ばれています。


ロビンソン・アーチの当時のイラスト  



イスラエル博物館の模型から 

手前のアーチがロビンソン・アーチ、
神殿からアーチを通り町へ下りる巨大な階段が
造られていました。奥が西の壁とウイルソン・アーチ、
その間が嘆きの壁です
現在は上のアーチを残すだけで殆ど埋もれています。
神殿の丘は非常に高かったのですね。


ロビンソン・アーチ 根元がわずかに残っていました


これだけ・・・非常に大切なのです

ヘロデ大王の建築物は堅固でローマ軍は
壊しきれなかったといいます。

道路は地下に排水溝を作り小さな石を敷きつめ、
その上に大きな石を敷いて道路に水が溜まらないように
工夫したそうです。

石畳が崩れているのは神殿を破壊しようと大きな石を
城壁の上から落とした為という説明でした。




ラッパを吹く


アーチの下は商店街でした


ヘブライ語と英語で
「ここでラッパを吹いた場所」
と書いた碑文がありました

その時代は安息日の始まる金曜日と終わる土曜日の日没に、
神殿の壁の先端で時を知らせるラッパが吹かれました。

「壁の上でラッパを吹き鳴らした」と碑文がある石が落ちていました
(レプリカ。オリジナルはイスラエル博物館にあります)
こんなに大きな石を落とすなんて(道路が凹むはずです)・・・

現在はラッパでなくサイレンがなるそうです。
安息日に入る知らせがなるとすべての仕事は終わります。
大晦日の除夜の鐘がつかれたように街の空気がガラリと変わるそうです。


大きな石が落ちていました。
(レプリカ)


この高い神殿の壁の角で吹きました。
高度恐怖症の人は吹けません

ダビデの塔

旧市街の西側、ヤッフォ門の近くにダビデの塔と
いわれる要塞が発掘されています。

BC2世紀にヘロデ王がハスモン家の城塞を
修復して多層の塔を建築しました。
兄弟たちの名をつけた三つの塔を建てたそうですが、
現在は一つの塔の基礎が残っているだけです。

エルサレムの防御の為に建てた要塞ですが、
ヘロデの宮殿のとなりに建てられ、
宮殿を守る目的でもありました。



ファサエルの塔展望台から
それはとても壮麗な建築でしたのでローマ軍に占領された時も破壊されなかったといいます。
展望台から要塞を見下ろします。城壁や遺跡などとても重厚で素晴らしい。2000年前にタイムスリップしたようです。

ダビデの塔模型

三つの堅固な塔が隣に建つ
ヘロデの王宮を守っていました。



ヘロデの王宮

猜疑心の強いヘロデは妻の祖父、弟、舅、さらに自分の息子を
三人も殺しました。そして自分自身は暗殺を恐れ、
常に居住する部屋を変えていたそうです。
その為に屋敷は左右対称に建てられました。
それほど多くの敵がいたようです。

ダビデが犯した罪


一説ではダビデが建てたともいわれ、ダビデの塔と名づけられています。
ダビデが都を建築したのはオフェルの丘でしたが、ダビデがウリヤの妻バト・シェバを見初めた水浴場
(ミクベ)がこことの説明がありました。ユダヤ人は礼拝の度に身を清めていました。
ミクベは神殿の丘の周りに90ヶ所もあったといいます。

ダビデはこの要塞で罪を犯したと記されています。(サムエル記下11:1〜12:23)参照


ダビデが王宮の屋上を散歩している時、水浴中のウリヤの妻
バト・シェバを目に留め、妊娠させてしまいました。
これは十戒の「姦淫をしてはいけない」を犯しました。
それだけでなくダビデはそれを隠すために色々と工作します。

バト・シェバの夫ウリヤは戦場の最前線に出され戦死します。
ダビデはバト・シェバを妻にしたのでした。
それを予言者ナタンに叱責され、ダビデは自分のあやまちに
気づき、心から神様に詫びました。

神様は罰としてその子を取られました(死んだ)が、ダビデの祈りにより
許され、バト・シェバが次に産んだ子がソロモン王となったのです。


水浴場
ダビデはこの水浴場でバト・シェバを
見初めたといわれています

神様に選ばれ神様に忠実なダビデ王も、時には罪を犯してしまうこともあるのです。
やはり人間ですから・・・心から懺悔し祈ったダビデを神様はお許しになりました。


詩編に書かれたダビデの悲痛な祈りです。

詩編51篇   (口語訳)

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌、これはダビデが
バテセバに通った後、予言者ナタンがきたときよんだもの

神よ、あなたのいつくしみによって、
わたしをあわれみ
あなたの豊かなあわれみによって、
わたしのもろもろのとがをぬぐい去ってください。

わたしの不義をことごとく洗い去り、
わたしの罪からわたしを清めてください。
わたしは自分のとがを知っています。

わたしの罪はいつもわたしの前にあります。

わたしはあなたにむかい、ただあなたに罪を犯し、
あなたの前に悪いことを行いました。
それゆえ、あなたが宣告をお与えになるときは正しく、
あなたが人をさばかれるときは誤りがありません。

見よ、わたしは不義のなかに生まれました。
わたしの母は罪のうちにわたしをみごもりました。

見よ、あなたは真実を心のうちに求められます。
それゆえ、わたしの隠れた心に知恵を教えてください。

ヒソプをもって、わたしを清めてください。
わたしは清くなるでしょう。
わたしを洗ってください。
わたしは雪よりも白くなるでしょう。
わたしに喜びと楽しみとを満たし、
あなたが砕いた骨を喜ばせてください。

み顔をわたしの罪から隠し、
わたしの不義をことごとくぬぐい去ってください。

神よ、わたしのために清い心をつくり、
わたしのうちに新しい、正しい霊を与えてください。

わたしをみ前から捨てないでください。
あなたの聖なる霊をわたしから取らないでください。

あなたの救いの喜びをわたしに返し、
自由の霊をもって、わたしをささえてください。

そうすればわたしは、とがを犯した者に
あなたの道を教え、
罪びとはあなたに帰ってくるでしょう。

神よ、わが救いの神よ、
血を流した罪からわたしを助け出してください。
わたしの舌は声高らかにあなたの義を歌うでしょう。



聖書に書かれたヒソプはmajorana syriaca

ハーブのハナハッカに近い
マヨラナ・シリアカ


3、40cmの低木。一見雑草のように見える。花は5月から咲きだし夏近くまで咲いている。強い香りがあります。

(新聖書植物図鑑)





イスラエル目次へ
旧市街、嘆きの壁へ
シオンの丘へ




.