写真と旅日記ホーム
きらめく中欧11日間


世界遺産とクラシックコンサートをめぐる旅 

 2005年

中欧諸国、ハンガリー、オーストリア、

チェコ3ヶ国を周遊しました。

ドナウ川流域で一番美しい都市といわれるブダペスト。

ウィーンの王宮ではエリザベート皇妃(シシイ)の

悲劇の生涯に心を痛めます。


ヴァルタヴァ川に抱かれたチェスキー・クルムロフ、

チェコ自由化後、中世の街並み

そのままの美しい街となりました。


カレル橋から望む堂々としたプラハ城。

市庁舎天文時計の巧みな動きにビックリ。

教会コンサート、モーツアルトコンサート

オペラ座ではオペラを鑑賞。
  
ヨーロッパの早春を満喫しました。

ウイーン モーツアルト像

目次
ブタペスト 王宮→漁夫の砦→マーチャーシュ教会→国会議事堂→英雄広場→聖イシュトヴァーン教会
パンノンハルマ
パンノンハルマ修道院
ウイーン シェーンブルーン宮殿→中央墓地→ベルヴェデーレ宮殿→

王宮・シシイ・ミュージアム→美術史美術館
ザルツカンマーグート ハルシュタット→ザンクトギルゲン
ザルツブルク ミラベル宮殿→旧市街モーツアルト・ハウス→ホーエン・ザルツブルク城→祝祭劇場
チェスキー・クルムロフ 
市庁舎前広場→チェスキー・クルムロフ城
プラハ プラハ城聖→ヴィート教会→黄金の小径→カレル橋→天文時計→

クルージング→教会コンサート



写真と旅日記ホーム
.



.