写真と旅日記ホームへ
ウイーン  モーツアルト像 

     モーツアルト生誕250周年記念              

オペラとコンサートの旅
                         


2006年12月
        
アマデウス・ウォルフガング・モーツアルトは

250年前オーストリア・ザルツブルクで産声をあげました

今年は生誕250周年を記念して世界中で

モーツアルトに因んだ音楽祭が開催されています。

モーツアルトの足跡を辿り、

コンサートを鑑賞する音楽の旅に参加しました。

オペラ、シンフォニーの最後の作品をそして

12月5日のモーツアルトの命日には

「レクイエム」を鑑賞します。

クリスマス市も楽しめました




目次


ザルツブルグ モーツアルト像

1,2日目 出国 ミュンヘン
新市庁舎(仕掛け時計)→フラウエン教会→レジデンス→バイエルン州立歌劇場(オペラ魔笛鑑賞)
 
3日目 アウグスブルク フッガーライ(モーツアルトの祖父の家)→父親の家
4日目 ザルツブルク ミラベル宮殿→モーツアルトの家→旧市街観光(大聖堂→ザンクト・ペーター教会→モーツアルト広場→モーツアルトハウス劇場(レクイエム鑑賞)
5日目 シュタイヤー クリストキンドル(クリスマス郵便局)→シュタイヤー
6,7日目 ウイーン アンディア・ウイーン劇場(シンフォニー鑑賞)→市内観光(カール教会→乗馬学校→ピアリステン教会→市庁舎→ペーター教会→オペラ座(ばらの騎士鑑賞)→帰国

写真と旅日記ホームへ



.