サン・ピエトロ大聖堂


    


ヴァチカンはテヴェレ川対岸の地で、ローマ時代はハドリアヌス帝が建てた廟(サン・タンジェロ城)、ネロ皇帝の戦車競技場、
そして墓地がある寂しい土地でした。殉教した聖ペテロがその墓地に葬られていました。

312年コンスタンティヌス帝は宿敵マクセンティウスを破りローマに凱旋しました。この勝利をキリストの加護のお陰と考えたコンスタンティヌス帝はキリストに捧げた聖堂を建造しました。

これがサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂です。サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂には教皇座が置かれ、教皇の館も建てられ政治の中心になっていました。

313年にはキリスト教を公認する「ミラノ勅令」を発布され、326~333年にかけてヴァチカンの聖ペテロの墓の上に聖堂を建てました。それはペテロの墓の上に祭壇がくるよう設計されました。これが旧聖堂です。


コンスタンティヌス帝はローマをキリスト教の都にしようとしましたが、非キリスト教派が強く無理がありました。
広大すぎるローマ帝国は東西に分裂しました。東ローマ帝国はコンスタンティノーブル(現在のイスタンブール)へ遷都しました。

東ローマ帝国は、首都コンスタンティノープルにおいて、1000年余り繁栄を極めました。一方西ローマ帝国は410年のゴート人の侵入をはじめ蛮族の略奪、キリスト教の異端運動、反乱が続き、衰退し滅亡してしまいます。

ローマは衰退しながらもキリスト教の都となって、多くの聖堂が建ち、皇帝から教皇の時代になっていきます。


1309年フランス王によって教皇庁がアヴィニヨンに移され、70年後、1377年にローマに戻った時は、
およそ1000年間教皇座にあったサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂は火災に遭いすっかり荒れ果てていました。
そこで新しく教皇座を建てる必要がありました。

当時のバチカンは湿地で陰鬱な地でした。小さな聖堂と城塞があった地に壮大な宮殿と大聖堂が建てられました。完成する120年の間、歴史的な多くの難関をのり越えました。

ルネッサンス、バロック時代の、天才、巨匠と呼ばれたミケランジェロ、ベルニーニ、ラファエロなど多くの建築家、芸術家が関わりました。ヴァチカンは宗教と芸術・美の聖地として永遠に輝いていくことでしょう。


因みにシスティーナ礼拝堂の後方右の扉を出ると大聖堂のファサードにでられます。


システィーナ礼拝堂からの出口


アーチを抜けると大聖堂です。
階段をおりて後ろに戻ると
クーポラに上るエレベーター乗り口があります


ナルテックス玄関廊

ヴァチカン博物館から階段を下りアーチを抜け
右へ曲がると大聖堂のナルテックス(玄関廊)に出ます。

ここから柵の外に出てはいけません。
入れなくなりますから。

ヴァチカン博物館と同じに装飾された天井、
床のモザイクが美しい。


聖なる扉(ポルタ・サンタ)

ナルテックスには5つの扉があります。一番右の扉が「聖なる扉」、この扉は聖年(25年毎に開けられローマを訪れる巡礼者に教皇が免罪を与える1年)の年にだけ開けられます。

ローマの4大聖堂にはそれぞれ聖なる扉があります。


現在の聖なる扉は1949年に設置されたブロンズ製で聖書の話が描かれています。

右は聖堂内の聖なる扉の裏側です。扉は漆喰のような物でしっかりと固められていました。

25年も固めておくのですから扉を開けるときはどうやって剥がすのでしょう。


聖なる扉


聖堂内裏側


フィラレーテの扉




ファサード中央の扉は15世紀フィレンツェ
出身の彫刻家フィラレーテの作品です。

4世紀にコンスタンティヌス帝が建てた旧大聖堂のものだそうです。



一番下右には聖ペテロの殉教の場面を
浮き彫りで描いています。



聖ペテロはネロ帝の戦車競技場で
逆さ十字架に架けられたと
伝えられています。



ネロの戦車競技場で聖ペテロの
逆さ十字架の刑が行われました



鍵を持つ聖ペテロ



剣を持つ聖パウロ


大聖堂に入ります

いよいよ聖堂内に入ります。3回目ですがやはりドキドキします。

サン・ピエトロ大聖堂は三廊式バジリカ形式で、中央に広い身廊、その両脇に側廊があります。
交差部に翼廊が伸び上にクーポラがあります。

中央の扉の前から全体の写真を撮ります。ミケランジェロ設計のクーポラから神々しい光が差し込んでいました。
聖堂の長さ186m、天井まで44m、世界一壮大な聖堂です。





ミケランジェロのクーポラとベルニーニのバルダッキーノ(大天蓋)

クーポラの窓から柔らかな自然光が入り、天蓋を明るく包んでいました。



ベルニーニの天蓋の上には
ミケランジェロ設計のクーポラ




採光を重視したという16の窓から柔らかい
日差しが入ってきます

クーポラの直径は43m、高さ116m


美しいモザイクが描かれていました


クーポラの縁の周りには金に黒の文字で

「あなたはペテロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を
建てる。わたしはあなたに天の国の鍵を授ける」

(マタイ16:18,19)と書かれています。

ミケランジェロが亡くなった後に完成したので
彼はクーポラを見ることはできませんでした



正面から撮った天蓋は後陣をかざる額縁のよう



凝ったデザインの天蓋の柱

旧大聖堂の祭壇の周囲に立っていた柱はエルサレムの
神殿から運び出されたといわれていました。

ベルニーニはその柱のねじれたデザインを
採用したといいます。



ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini,1598年~1680年)は、

バロックの時期を代表するイタリアの彫刻家、建築家、画家。

「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」と賞賛されたバロック芸術の巨匠である。

古代遺跡が残る古き都ローマは彼の手によって、壮大なスケール、絢爛豪華な装飾にあふれる美の都に変貌していった。

人々は彼の作品を「芸術の奇跡」と絶賛した。
                                                         ウイキペディアより


今回は交差部の手前に柵があってそれより奥に入れませんでした。
エエッ何で・・・と思います。これでは大聖堂の一番大切な後陣が見られないのです。

天蓋に近寄れないし、もちろん後陣の祭壇にも行かれない、ペテロ像の足も触れられません。

柵の手前から写真を撮るだけです。

6月は観光シーズンです。押すな押すなで混み合って、柵の前列に行くのも並大抵でありません。


帰国後調べたら平日は17時から後陣にて司教座ミサが行われるそうです。
大聖堂に入ったのは15時50分ですから、ミサの前に何か特別な行事があるのでしょうか・・・
ガイドさんも何で柵があるのかしらと言っていましたから

ローマの教会は開く時間がまちまちで閉まっている事も多く、難しいようです。





天蓋にも近寄れません





                    「ヴァチカン物語」より 






後陣

青は16世紀
ブラマンテと
ミケランジェロが設計



交差部 内陣 翼廊




←ここまでしか入れませんでした


茶は17世紀
カルノ・マデルノの設計

身廊  左右に側廊



紫は17世紀 広場
ベルニーニ設計


時の教皇ユリウス2世はコンスタンティヌス帝が建てた旧大聖堂の上に新しい聖堂を建てようとしていました。

ブラマンテ、ラファエロ、サンガッロ、
ミケランジェロと巨匠達の計画からブラマンテの設計が採用されました。

左図のような各部の長さが等しい対照的なプランでした。



しかし儀式には不便なところがあってミケランジェロやラファエロの案が出ましたが、マデルノの設計を採用しバジリカ式の聖堂が17世紀になって完成しました。

内陣から奥はブラマンテ、身廊、側廊はマデルノ、そして内陣の上クーポラはミケランジェロ、というまさにルネサンスの巨匠達の設計だったのです。

このローマ・ルネッサンスの黄金時代を築いたのが教皇ユリウス2世と続くレオ10世でした。


現在のローマの街はバロック時代に形成されたといいます。ウルバヌス8世からクレメンス5世の時代でした。




ヴァチカンに辿り着いた巡礼者は大聖堂を前にして両腕に抱かれるように迎えられます。

大聖堂に入り進むと、ペテロの墓の上、教皇の祭壇上に立つ大きな天蓋を見上げます。

後陣には平和の鳩が羽根を広げる神様の光が輝き、

そして司教座ペテロの椅子へ。

すべてバロックの天才ベルニーニの作品だったのです。



地下礼拝堂



                              ガイドブックより

4世紀にコンスタンティヌス帝が建てた旧大聖堂の床面は
現在の大聖堂の床の5m下だそうです。

旧大聖堂の床の位置にグロッタ(洞窟)と呼ばれる
地下礼拝堂、墓地が造られ、ヨハネ・パウロ2世をはじめ
歴代の教皇が眠っています

実際にペテロが葬られた場所はローマ時代のネクロポリス
(墓地)ですから、現在の大聖堂の床から10mも下だそうです。

ここに行くには遺跡を管理する事務所に
予約を取る必要があります。

ネクロポリスは60mほどの通路で両側に
大小約20の廟が並んでいるそうです。



教皇の祭壇の手前に半円形の
地下が刳り抜かれています。


地下に下りると楕円形の「コンフェッシオーネ」と
呼ばれる祭壇のようなものがあります。
その左右の階段を下りると


教皇の祭壇の真下、

この位置に聖ペテロのお墓(祈念碑)がある

最も神聖な場所です


ローマ時代のネクロポリス(墓地)はネロの戦車競技場の脇にあって聖ペテロのお墓はその一角にあったそうです。
1940年聖ペテロの墓に造られた祈念碑(トロフェーオ)の痕跡が発見されて、
この伝承が事実と確認されました。

旧聖堂はローマの墓地を埋め立てて造られ、その上に現在の大聖堂が建てられました。


後陣(アプシス)

                                       ガイドブックより

ベルニーニが晩年に製作した後陣の「ペテロの司教座」です

雲に浮いた「ペテロの司教座」を4人の教会博士が支えています。
神の光を囲んで飛翔する天使たちは、凄いとしか言いようがありません。

究極のバロック美術です




ベルニーニの聖ペテロの司教座
柵から撮った小さな写真をどうにか拡大しました



神の光の中には平和の鳩


交差部を支える4つの支柱

天蓋を囲むようにクーポラを支える太い柱が4本立っています。
あまりに太いので柱と気がつきません、壁のようです。
ですから交差部は八角形になっています。


クーポラを支える4本の柱の上部にはサン・ピエトロ大聖堂の
宝物である4つの聖遺物をまつる祭壇があります。


祭壇にはそれぞれ2本ずつ柱が立っていますが、
その柱はエルサレムの神殿から持って来たといわれています。
かなり高い場所にありますので小さく見えますが旧大聖堂の祭壇に立っていたのですから何mあるのでしょうね。

ベルニーニはそれを参考に天蓋の柱を造ったといいます。




天蓋の奥左右が柱です


聖遺物1
キリストの顔が残ったとされる布



聖遺物2
キリストが架けられた十字架の断片


ゴルゴダの丘に向かうイエス様の顔の汗を
ぬぐったという聖女ベロニカ。
広げた布にイエス様の顔が・・・
コンスタンティヌス帝の母、聖女ヘレナ
エルサレムで地中から 十字架の断片を掘り出し、
ローマに持ち帰ったといいます


手前の2本の柱の彫刻は柵の中に入らないと撮れません。

聖遺物3  12使徒の一人、アンデレの頭部が収められていたそうです。
(1964年に聖人が世を去ったギリシャの正教会に返還されたそうです)

聖遺物4   ローマの兵士、ロンギヌスの槍の穂。
ゴルゴダの丘で十字架上のキリストが息絶えたかどうか確かめる為に突いたという槍の穂という。
キリストの身体に触れたから聖遺物だといいます。イエス様を突いた槍の穂が聖遺物とは大いにビックリ驚きです。




聖ペテロ像

クーポラの右下、天蓋に向かって等身大の聖ペテロの像があります。

柵がなかったら、ペテロ像の側に行くため、行列をつくっていたでしょう。

そう!ペテロの右足をなぜたり、キスをしたりお祈りをする人達です。

ペテロの右足を見るとツルツルに摩滅しています。左足は指まではっきり見えます。

信仰深い人が大勢います。 にわかカトリック信者も多いようですが。

右足がツルツルです


側廊

身廊と側廊は巨大な柱で隔たれていました


左右の側廊には歴代の教皇、聖人達の墓や墓碑が素晴らしい彫刻や絵画と共に飾られていました





柱の奥が側廊です






       
身廊と側廊を隔てる柱には聖人達の像が飾られていました


右側廊      ピエタ

大聖堂、側廊の一番の見所は何と言ってもミケランジェロのピエタでしょう。
中央から祭壇の写真を撮りながらも、気持ちはピエタにいっていましたから。

ピエタとは十字架から降ろされたイエス様を抱く聖母マリアの画や像のことです。

2006年9月に来たときは人混みで近づけませんでした。
壁で身体を支え、背伸びをして手を目一杯上げてどうにか撮った事を思い出します。

今回も前にも増して凄い人・・・近づけるかな・・・と


近くに行けましたよ。なぜかそこだけ空いていたのです。団体さんが移動した直後だったのでしょうか?。

それは以前と変わらず右側廊の最初の礼拝堂にありました。

大聖堂で最も有名な、聖堂内に入ったら誰しもが最初に見たいと憧れる美術作品なのです。





23歳の若きミケランジェロの作品です。この像によってミケランジェロは名声を得ました。
1499年作といいますから、これも旧大聖堂に飾られた一つです。

十字架から下ろされたイエス様、力なくだらりと垂れた腕と身体そして頭、自然な姿は亡くなった
イエス様がそこにいらっしゃるよう、彫刻と思わせません。自然と涙が出ます。

そしてイエス様を膝にのせ腕で支えるマリア様。
落ち着いた静かな表情の中に心痛な面持ちが見てとれます。

マリア様はイエス様がお生まれになった時からこの日がくるのをご存じだったのです。


優しさ溢れるラファエロの聖母マリアが私のマリア様です。
そしてピエタのマリア像も私のマリア様です。


ミケランジェロ特有の筋骨隆々のマリア様でなくて良かった!


ガイドさんについて身廊を進んで行きましたので右側廊の彫刻は身廊から見えるのだけしか撮れませんでした。
とにかく満員の人の中で迷子にならないようツアーから離れられないのですから。



インノケンティウス11世の墓がある
聖セヴァスティアヌスの礼拝堂


迫害によって杭に縛られたセバスティアヌスは
身体中を矢で射られても死ななかったといいます。





アッピア街道に聖セヴァスティアーノ聖堂があります



イノセント12世の墓

サクラメント(秘儀)礼拝堂

静かに入れると書いてありましたがカーテンを
あけて入る勇気はありませんでした


左側廊


変容の祭壇
ヴァチカン絵画館にあるラファエロの原画を
モザイクにしたという

カノーヴァ作  クレメンス13世の墓碑


右上は、アレクサンドル7世の墓碑、
ベルニーニの最晩年の作品

すでにあった彫像の下の扉を「死後の世界への象徴的入り口」
ということにしたといいます。

柵で近寄れなく遠くから撮りましたので写真では良く
分かりませんが、幕の下にいる骸骨が死の扉に誘うらしい


幕の襞が大理石とは思えません。 近くで見たかった・・・

ベルニーニの作品を幾つも見られる幸せをかみしめます。


マリア・クレメンティーナ・ソビエスキの祈念碑

英国王位への復権を主張した
スチュワード家のジェームス3世の妻でしたが
1735年ローマで亡くなりました



因みに下の扉がクーポラからの出口です



洗礼礼拝堂



ブロンズ製の洗礼盤


沢山写真を撮ったつもりでしたが、
混雑した忙しいツアーでは思ったほど撮れていませんでした
これ以上無理です。


どなたの墓碑か分かりませんし・・・


スイスの傭兵

大聖堂の左扉から外に出るとそこには決まって警護に当たっているスイスの傭兵がいます。
背が高くてイケメン、とても格好良い若者たちです。みんなここを逃してはと写真をパチパチ。


1506年フランスと神聖ローマ帝国はイタリアの支配権をめぐって争っていました。教皇ユリウス2世が当時ヨーロッパの中で無類の強さで知られていたスイス傭兵を採用しました。
山ばかりでこれといった産業のないスイスはヨーロッパ各地に傭兵を送り込むことを重要な産業としていたのです。

1527年5月6日、「ローマの略奪」ではフランスと手を組んだ教皇クレメンス7世は神聖ローマ皇帝カール5世に攻め込まれ、殺戮と略奪のかぎりをつくされました。この時149人のスイスの衛兵が命を落としたといいます。

教皇は生き残った衛兵に守られてヴァチカンからサン・タンジェロ城まで、城壁内に造られた通路を抜けて避難する事ができました。スイスの衛兵達の篤い忠誠心と勇敢さが今日まで引き継がれています。





スイス衛兵の候補者となる資格はスイス国籍、
カトリック信者であること、道徳的・倫理的に欠陥がなく
19歳から30歳までの未婚、身長174cm以上、
専門職か高校卒業、スイスで軍事訓練を受けていること。

           
バチカンからサン・タンジェロ城まで教皇だけが通れる抜け道が13世紀に造られていました



大聖堂の左側に立つ天国の鍵を持った聖ペテロ像




正面から見るとペテロの手前に大きなテレビの
画面が置いてありました。


サン・ピエトロ広場


                           
サン・ピエトロ広場もバロックの巨匠ベルニーニが
設計しました。


ベルニーニの設計図には大きく腕を広げた人体に重ねて
大聖堂と広場が描かれていたそうです。


広場に立った信者さんたちは
神様の大きな愛に包まれて感動したことでしょう。


カトリックでない私も・・・



                 ガイドブックより



サン・ピエトロ広場を囲む柱廊  ぎっしりとイスが並べてありました。30万人を収容出来るそうです





オベリスクの左右には噴水があります

広場の中央には高さ25mという巨大なオベリスクが建っています。

紀元 37年にローマ皇帝カリギュラによって、
アレキサンドリアから運ばれました。

残虐な殺戮や処刑が行われたネロの円形競技場
聖ペテロが殉教した地に置かれていたといいます。




オベリスクと噴水の間に「柱廊の中心」と
書かれた円盤の石があります


石の上に立って柱廊を見ると、
4列あるはずの柱が1本に見えるそうです。



イスが置いてあって中に入れませんでしたが
柵の手前からでも部分的には1本に見えました。




最後に振り返って大聖堂とお別れしました
ローマ目次へ ヴァチカン博物館へ