サン・セバスティアーノ聖堂

クオヴァディス教会からアッピア街道を進むと右手にサン・セバスティアーノ聖堂に着きます。
聖堂と名がついていますので小さいですがローマ7大聖堂の1つです。






アッピア街道沿いにはサン・カッリストのカタコンベやドミティッラのカタコンベなど墓地の遺構が残っていますが、
サン・セバスティアーノ聖堂も「サン・セバスティアーノ」というカタコンベの上に建てられました。

使徒ペテロやパウロの遺骨がこのカタコンベに一時期納められていた事があり、4世紀前半に「バジリカ・アポストロムル」
(使徒の聖堂)と呼ばれる聖堂ができました。しかし9世紀になると使徒の事はすっかり忘れ去られていきます。

このカタコンベにはキリスト教を迫害した最後の皇帝ディオクレティアヌスの時代、殉死した兵士、セバスティアヌスが埋葬された
ことにより巡礼地として有名になり、教会名も「バジリカ・サン・セバスティアーノ」と呼ばれるようになったそうです。



花が綺麗に飾られた祭壇


聖セバスティアーノ


キリスト教を迫害した最後の皇帝ディオクレティアヌスの時代にキリスト教に改宗していた軍人、セバスティアヌスは
キリスト教徒である友人が処刑されるのを助けようとして自分自身がキリスト教徒であることが分かってしまいます。

皇帝はセバスティアヌスを草原へ引き立て杭に縛りつけ、セバスティアヌスの身体中に矢が突き刺さるまで射続けました。
しかし身体中を矢で射られても彼は死にませんでした。

こんどは彼を死ぬまで殴打し、遺体は人目を避けて捨てさせます。
幻影となって現れたセバスティアヌスは聖イレーネに、身体がある場所を教え、聖イレーネは彼を埋葬しました。

その埋葬したお墓の上に教会が建っています。

古代、ペストなどの疫病はアポロの矢で引き起こされるといわれていました。

セバスティアヌスは矢に打たれても死ななかったことから疫病から守る守護聖人、また兵士の守護聖人となりました。






聖セバスティアヌスの墓の上に造られた礼拝堂



ベルニーニの弟子による
聖・セバスティアヌスの像、
矢に射られています




聖セバスティアヌスの天井画

聖セバスティアヌスの
題材は多くの画家に
描かれています



右の画は
アンドレ・マンティーナ作
「聖セバスティアン」

ウイーン美術史美術館







聖堂の左右に小さな礼拝堂が作られていました。
ベルニーニの最後の作品、クオ・ヴァディス教会のキリストの
足跡などがありました。



台座にベルニーニの名前が書かれていました。
ベルニーニの最後の作品ということでした。



キリストの足跡が祀られています。オリジナルだそうです。



カタコンベ

カタコンベとは地下の墓所のことをいいます。

中世までカタコンベというとサン・セバスティアーノ聖堂の埋葬場所をいっていたそうですが、遺跡発掘を始めた
16世紀以降は死者を葬る為に使われた洞窟、岩屋など地下墓地全般をいうようになったそうです。






聖堂の右側にカタコンベの入り口がありました


キリスト=魚

迫害されていた頃キリスト教を魚の絵で表し
キリスト教徒以外には分からないように
していました。

私も魚の絵を描くことを知っていましたが
その意味は知りませんでした。

ガイドさんに教わりました

魚は、古代ギリシャ語で、「ICHTHYS」です。
このスペルに意味がありました。

  I    IESOUS (イエス)

  CH  CHRISTOS(キリスト)

  TH  THEOU(神の)

  Y   UIOS(息子)

  S   SOTER(救世主)
ということだそうです。

迫害から逃れる為に必死で考えたのでしょうね。




当時のキリスト教徒は土葬でした。ローマの規則では衛生上の
理由から市内での埋葬は許されず、城壁外に埋葬していました。
しかし死者が多くなり広い土地が必要になっていきます。

城壁を出たすぐのアッピア街道付近は墓を掘りやすい石灰岩質の
土地であったことから1世紀頃より地下何層にもわたる大地下墓地が造られました。

これらの土地は富豪に提供されたものもあって、富豪の名前を付けた
カタコンベがあります。ドミティッラ、プリッシラ、アニェーゼ等の名前が
ついているカタコンベがそうです。

現在アッピア街道沿いに約25のカタコンベが発見されているそうです。

地下を網目状に深く掘り、(普通は地下数m、深いものは地下20m
以上に達しているそうです)一般の人の墓は細い通路両側の壁面に、
何層にもわたり長方形の穴をくりぬき、その中に遺体を布で包み、
死者の名前を彫り込んだ石板や大理石で蓋をしたそうです。

金持ちは天井をフレスコ画でかざった小部屋に家族と一緒に
埋葬されたりもしたそうです。

人一人がやっと通れる迷路のような通路の全長は500kmのも達し、
通路の両壁面に掘られた墓には何万人も埋葬されたといいます。





聖堂内に貼られたカタコンベの様子


映画「ベンハー」でライ病(ハンセン病)に
罹ったベンハーの母と姉が洞窟の中に
隔離されていた場面を思い出します。

まさにそれと同じです。

お墓に隔離されたのですね・・・・


私は写真を見るだけで怖いのです。中に入るなんてとんでもありません。これを書くのも怖い・・・・
ローマ目次へ    サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会へ


.