ベルゲン

フィヨルドや滝、湖と自然を満喫した旅は終わり、都会に戻ってきました。興奮さめやらずというところです。海に面しているようですが、ここもフィヨルドなのです。とても美しい静かな街です。

湾の東側のブリッゲン地区は13世紀頃からハンザ商人が居住した地区です。世界遺産に登録されています。1830年代まではノルウェー最大の都市でした。現在も西ノルウェーの経済、文化の中心となっています。
ホテルはそのブリッケン地区の隣りの"ラジソンSAS"でした。

ベルゲンの駅
ホテル・ラジソンSAS
レストラン
      ブリッケン地区

ドイツから来たハンザ商人たちが住んだ地区は、間口の広さによって税金を徴収された為、埋め立てをしながら前へ前へと増築していったといいます。その為 地盤沈下がひどくなって家がゆがんでしまっています。びっくりしましたね。2階は両側の家で支えられていますが、横に通路がある1階は全体がそのまま右に傾いでいます。よく倒れないと感心すると共にこわ〜い!

修復作業は当事の建築方法で手作業で行っています。寄付のお願いの看板が各国語で書いてありました。歴史的建築物を保存するには多くの方の善意が必要なのです。
 

市民の憩いの場でもあります
倒れそうです
 

柱で支えています・・・大丈夫かしら

当時の方法で修復します

ブリッケン地区の前はヨットハーバー。中世を感じて振り返ると現代に戻ります。ヨーロッパ最大の客船寄港地の一つといいます。フィヨルド探索の拠点で、沿岸急行航路の出発点です。湾を挟んだ対岸は近代的な街並みです。
   ハンザ博物館

タラを中心に干し魚の取引で賑わっていたベルゲンに、ハンザ同盟をつくったドイツ人が13世紀に商館を建て、各地から商人、職工が集まり、ハンザ同盟の重要な街となりました。ハンザ商人はベルゲンでノルウエーの海産物、干しタラの商取引を独占していました。その干しタラを扱った商館が博物館となっています。

その生活ぶりは貧しく厳しいものでした。北国なのに火事を恐れたため暖房器具は一切ありません。見習い室の小さなベットは2人で重なって使用したといいます。隣室には監視人の椅子が置いてあり、常に監視されていたようです。辛く、厳しい生活がうかがい知れました。

山積みの干し鱈


監視人の椅子

天井にも干したらが・・・

当時のベルゲン

魚市場


ハンザ博物館前から広がる広場の魚市場は有名です。大きなロブスターやカニが沢山。採れ立ての新鮮そのものです。
私はエビがあまり好きではありません。食事でるエビは最初のうち敬遠していましたが、仕方なく食べているうちに、美味しいと思うようになりました。新鮮は一番のご馳走です。特にノールウエイのサーモンは世界一です。


ベルゲン中央駅
高級住宅地

高台に建つ住宅。坂道と階段で不便と思うのは日本人の考え?
北欧らしい、白い横木の壁に赤い屋根が並びます。何億円する高級住宅地だそうです。ベルゲンに住む人々の憧れだとか。土地が少ないようです。狭い道にぎっしり建っていました。


丘の中腹は高級住宅が・・・
     フロイエン山   

細長いヴォーゲン湾を囲むようにベルゲンの街は広がっています。ケーブルカーでフロイエン山に上がると湾と街が一望できました。半島のように湾に突き出した近代的な街並みはブリッゲン地区と対照的で美しい。

ケーブルカーから

ケーブル駅

フロイエン山から望んだベルゲン市街全景 フィヨルドに面していることが分かります  
ソグネフィヨルドへ 北欧目次へ コペンハーゲンへ