コペンハーゲン

ベルゲンから最後の観光地コペンハーゲンに飛びました。機内から見下ろす深いフィヨルドに別れを告げると海に浮かぶ沢山の島々が現れてきました。それは思いがけず目を見張る素晴らしい眺めでした。デンマークも又ヨーロッパから突き出した半島と500もの島々からなっているのです。コペンハーゲンは最大の島、シェラン島にあります。


     
チボリ公園
今晩の夕食はチボリ公園の中のレストランでした。食事だけなのにチボリ公園の入場料を払ってあるんですって!折角だからと食後、公園内を散策します。白夜なのでいつまでも明るい。ジャズショーが開催されてにぎやかでした。日本庭園もありました。


空から眺めたフィヨルド
   
公園内のレストラン


こちらは椅子がグルグル回りながら
上がっていきます

逆さでグルグル回るジェットコースター・・・
若者達は何処の国も
スリルが好きですね。

餌を買ってちょうだい
えさ箱の上でおねだり・・・

ホテル・ラジソンSASロイヤル

チボリ公園のすぐ近くの高層ビルでした。近代的な明るいホテルです。

 

20階建て

部屋から真下に
コペンハーゲンの駅がみえます。
 
    人魚姫

コペンハーゲンの最初の観光はまずアンデルセンの童話「人魚姫」の彫刻を見に行きました。人魚姫は埠頭沿いの岩の上に物想いげに座っていました。何もないところに一人ぽつんと座っている人魚姫。何となく淋しそうです。今は観光客に囲まれて賑やかですが夜は暗くなっての独りぼっちはかわいそう・・・と思ってしまいます。
よく見ると脚があります?モデルにした彫刻家の妻の脚があまりにも美しかったので付け加えてしまったとか。

脚がありました
     
アマリエンボー宮殿

1794年、フレデリク5世によって建築されたロココ調の建築です。現在の王室の居城ですので中は見学できません。8角形の広場には4つの宮殿が囲んでいます。中央にはフレデリク5世の像が城の向かいに建つフレデリクス教会に向いて立っていました。


奥のフレデリクス教会が印象的でした

衛兵
     ニューハウン(新港)

地図を見るとアマリエンボー宮殿の南にカッターで切り込みを入れたような運河が造られています。1670年代にクリスチャン5世によって建設されたニューハウンです。運河にはヨットが係留されて、カラフルな家並を見ていると一昔に戻ったようでした。


赤い建物が
アンデルセンが住んでいた家です
     ロイヤル・コペンハーゲン 

デンマークのブランドと言えば「白色の黄金」と呼ばれるロイヤル・コペンハーゲンの磁器が有名です。18世紀に王室の御用の為に作られました。その後中国のアンティークからヒントを得て、「ブルーフルーテッド」「ブルーフラワー」といった人気シリーズが出来て、貴族や市民に広がっていったということです。お店は歴史を感じる古めかしい建物でした。それは素晴らしい磁器が展示してありました。あまりにも高価すぎて手が出ません。目の保養だけ・・・。

隣にはジョウジ・ジェンセンの店が並んでいます。こちらの建物は明るく近代的です。ツアーの方達は銀製品のアクセサリーを買っていました。私は興味ないのでパス。

ロイヤルコペンハーゲン(茶)と
ジョウジ・ジェンセン(白)の店
    クロンボー城

シェークスピアの「ハムレット」の舞台となったという城です。各部屋にかかっているタペストリーは素晴らしかったですが、北欧の城らしく質素で地味です。今までの旅行できらびやかな城を見過ぎたかも知れません。

見学が終わったのか城内の途中で添乗員が「傘を置いた部屋から取ってきてバスにもどってください」と言ってガイドさんとさっさと行ってしまいました。エッ!みんなびっくり!「傘を置いた部屋って何処?出口はどこ?」みんなうろうろ、やっと傘を置いた部屋が分かり来た道を思い出しながらバス停へ戻ります。添乗員とガイドさんがバスの前で話をしていました。こういうのってあり?今回の旅行はドキドキ冷や冷やが多いです。疲れる・・・・

   フレデリクスボー城


デンマークで一番美しいといわれている城です。ルネッサンス様式です。 周囲を湖に囲まれているそうです。

クロンボー城が地味でがっかりしてその上ドキドキ冷や冷やした後だったので、みんなしらけムードで添乗員の後をついていきましたが、
フレデリクスボー城の煌びやかな外観に感嘆の声を上げていました。内部も素晴らしいようです。残念ながら内部は見られませんでした。

    帰国


12日間の北欧の旅が終わりました。飛行機は午後の直行便でしたので午前中は自由行動です。Mさんご夫婦とニュー・カールスベア美術館に行くことにしました。
チボリ公園と中央駅を通り、ホテルから徒歩10分程散策しながら行きます。美術館は重厚な外観ですが展示場はガラス張りで明るく清潔な感じでした。
フランス印象派の画が多く展示してありました。エジプト、メソポタミア、など古代文明の彫刻、それにロダン等の彫刻が沢山ありました。Mさんが"ドガの踊り子"を是非見たいと、展示室を係員に聞いたら「ドギャ」と言って大笑いそれからドギャ、ドギャと探し歩いて、小さな可憐い踊り子を見つけました。

旅の最後を締めくくる良い所でした。カメラのチップが終わってしまったので写真は撮れなくて残念です。帰国してすぐにチップを買い足したのは言うまでもありません。

日本は夏真っ盛りと思ってウインドブレーカーなどスーツケースに入れてしまったので、震えながらでしたが・・・

市庁舎

中央駅

美術館
ベルゲンへ 北欧、目次へ