ガイランゲルからソグネフィヨルドへ 

翌朝、展望台ガイランガーからもう一度ガイランゲルの村、フィヨルドを望んでお別れします。
 

ガイランゲルにお別れ
車窓の雄大な景色を堪能しながらバスは走ります

ボイヤ氷河

途中2度目の氷河観光、ボイヤ氷河に寄りました。寄ったといっても昼食のレストランの屋根から眺めただけでしたが・・・・. なんと氷河は山の上に被さったようにあるだけで崖の下には崩落した氷が痛たましく残っていました。上とつながっていたのは何年前でしょうか?

日本人の観光客を乗せたバスが何台も来て駐車しています。観光客はバスを降りて氷河の方へ歩いて行きます。しばらくして戻って来ますからそんなに遠くはないのでしょう。私達も氷河の近くまで行くと思っていたのですが、コースにはレストランから眺めるだけということでしょうか。案内して貰えませんでした。ただ行く人達をうらやましげに見ているだけでした。時間はあまりすぎる程余ってうろうろ時間つぶししていたのに、何事も自己責任で行動するようにと言われ続けていたので行く気にはなれなかったのです。
いまだに残念です。


山の稜線には氷河が覆い被さっていますが。
パレストランド

ソグネフィヨルドの中間に位置するパレストランドのクイックネス・ホテルに泊まります。英国風の美しい街並みです。ホテルもマナーハウス的な感じでレストランは格調高い家具が置いてありました。私達はアパートのような棟でしたが、フィヨルドに面した棟は何様式っていうのでしょうか。素敵な建物でした。多分スイート・ルームでしょうね。
ベランダから 翌朝パレストランドからヴァングスネスまでフェリーで行きます。

ヴァングネスからバスに乗り、車窓から北欧の牧歌的な風景を眺めながら・・・グドヴァンゲンへ


小屋がポツンポツンと


スタルハイム展望台より

    ソグネフィヨルド・クルーズ

今日は北欧では一番有名なソグネフィヨルドをクルーズをします。ソグネフィヨルドは全長205km、最深1308mで世界最長、最深のフィヨルドです。
ソグネフィヨルドの奥まったネーロイ・フィヨルドの最奥、グドヴァンゲンからフロムまで2時間のクルーズでした。迫り来るような巨大な岩山、雄大な景色、船についてくる可愛いカモメと見所は多いのにガイランゲル・フィヨルドの景色に感激した後のソグネフィヨルドは変化に乏しく、唯寒いだけのつまらないクルーズになりました。みんなしらけムードで早く着かないかとばかり言っているほどでした。それほどガイランゲルは素晴らしかったのです。何でも良いものは後にとっておくほうがいいですね。勿体無い話です。

この船に乗ります
 

一番狭い所




ダイナミックな岩山

海岸線からかなり離れているのに沢山のカモメが船について飛んでいました
 
   クイーン・エリザベス号


フロムで下船して今度はフロム鉄道でベルゲンに行きます。港には大きな豪華客船が停泊していました。クイーン・エリザベス号ですって。引退するので最後の航海と聞きました。さすが世界1の客船。大きいだけでなく優雅さも気品も兼ね備えているように思えます。それにしてもこんなに大きな船が狭いフィヨルドに入ってくるなんて驚きです。もう一生見られませんからみんなパチリパチリ!
列車からは大勢の乗客が降りてきました。この人たちもきっと私たちの乗ってきた船でフィヨルド・クルーズに行く人達でしょうね。

クイーン・エリザベス号に乗っている人もいるかもしれません。

 

フロム鉄道


ショースの滝
フロムからベルゲンまで途中乗り換えて3時間の列車の旅でした。右側が景色が良いと聞き、急いで乗り込みましたがもっと素早い人が大勢います。右側には座れなかったのよね。仕方なく左の座席へ。窓には案の定、山の木ばかり。右側は開けて素晴らしい景色でしたが思うように見えません。諦めて、でもイライラ・・・
途中ショースの滝を見るため駅で何分か停車しました。一番前?後ろ?の車両なので狭い駅を人混みを掻き分けて展望台まで急ぎます。それが遠いのよ。すでに人で一杯。そこは私。どうにか何枚か撮ってきました。前の座席の人は一枚撮るのがやっとだったとか。良く撮れているといいですね。
   
滝には妖精のような美女が現れるといいます。ツアーの方達で見た人は誰もいませんでした。
ガイランゲルフィヨルドへ 北欧、目次へ ベルゲンへ