フィヨルドへ

フィヨルドに行きたい。学校でフィヨルドを学んでからずーと思っていました。偉大な自然に身を包まれたらどんな感じなんだろう・・・写真だけじゃ分からない。

リアス式海岸は山地や谷が沈んで形成されたのに対して、フィヨルドは氷河によって削られたU字谷が沈水して形成されました。
数万年もの間、降り積もった雪が固まって出来た氷河は自分自身の重みによって地面を鋭く削りながら、深い谷を作っていきました。
氷河時代の終わりに氷が融けて海面が上がりその深い谷に水が入り込んで現在のフィヨルドが出来ました。ですから湾奥から海まで幅はあまり変わらないそうです。狭いU字谷には断崖絶壁が多く、素晴らしい景観となっています。

ノルウエーには有名なフィヨルドが4つあります。
一番大きな
ソグネ・フィヨルド
景観が素晴らしい
ガイランゲル・フィヨルド
牧歌的な風景
ハダンゲル・フィヨルド
そして巨大な絶壁
リーセ・フィヨルドです。

この旅では2ヶ所のフィヨルドに行きます。このコースを選んだのも普通のコースに入っていないガイランゲル・フィヨルドに行くからでした。

                          Googleから  

今日はオスロから列車に乗っていよいよフィヨルドに行きます。昨日はストックホルムからオスロまでの飛行機の座席に名前がないといわれて大慌てしました。添乗員さんと空港内を走り周りチケットを買いホッとしましたがドキドキ、大汗をかきました。申し込んでいたエクストラクラスはいっぱいでエコノミーになりましたが、前の方のエクストラクラスが2席空いていました。あそこが私達の席なんです。空港側の手違いだったのですね。このようなアクシデントがあると、個人旅行は恐い、ツアーでないと行かれないと痛切に感じました。
列車はそう言う事がないので安心です。ところが車内で食べるお昼のお弁当が来ないまま列車は出発してしまいました。添乗員さんが食堂車のサンドイッチやジュウスを買い占めてどうにか間に合いました。添乗員さんは本当に大変なお仕事です。

   

列車は、ドンバスで乗り換えてオンダルスネスで下車しました。周りに雪を被った山々が迫ります。いよいよ北欧に来たと実感します。車窓から緑の美しい田園風景を眺めていると次第に山の中に入っていきました。断崖絶壁から水煙をあげて滝が流れ落ちています。氷河に削られた谷のヘヤーピンカーブの道を走ります。ゴールデンルートを登り切って見た景色は・・・・。
 
オンダルスネス駅

山の中に入っていきます
     
水煙を上げて流れ落ちてきます

11曲がりの坂 この谷は氷河が削ったのです

キャンピングカーが行き交います

上は平らです

       ガイランゲル・フィヨルド 
 

ガイランゲル絶景ルート・ドライブです。ヘヤーピンカーブの11曲がり坂を登りきった所にガイランゲル・フィヨルドの展望台があります。しばし写真休憩です。「フィヨルドってこんなに凄いんだ」と驚きで言葉がでません。上から見下ろす断崖絶壁の眺望!とうとうフィヨルドに来たんだわと実感します。心に描いていた風景以上の素晴らしさが目の前に広がります。フィヨルドの一番奥に、雪を被った山々が・・・、そしてその山々に抱かれるように箱庭のような村が見えました。そこがガイランゲルの村です。
 


フィヨルドの最奥、
ガイランゲルの村
   
両側は切り立った崖
 
ホテル・ユニオン


ホテルはガイランゲルの村の中程に建つユニオンです。部屋の窓からフィヨルドを望むと途中行き交ったキャンピングカーが岸辺にずらりと並んでいます。豪華客船も停泊していました。大きな船がフィヨルドの最奥まで入れるのですから水深が深いのですね。どこから何処へ行くのでしょう?

ホテルユニオン

客船が停泊しキャンピングカーが並ぶ
部屋からの眺め

21:43 白夜です
朝の散策

翌朝、下まで降りたいと出掛けました。渦を巻きながらゴーゴーと音をたてて流れる細い川に沿って歩きます。氷河の水です。冷たそう。可愛らしい教会に行き当たります。近道があるようですが、分からずホテルに戻りました。足下に広がるフィヨルドの最奥には別荘などが建ち並び、緑と水の美しい景色は清々しい気持ちにさせてくれました。

      ガイランゲルクルーズ 

今日はフェリーに乗り込みいよいよフィヨルド・クルーズです
ガイランゲルからヘルシュルトまで、全長20kmのS字にのびるフィヨルドを船はゆっくり走ります。切り立った絶壁の中を約1時間のクルーズでした。それはそれは風光明媚なんて言葉にあらわせないほどの景色に取り囲まれた幸せな時間が過ぎました!!私たちは言葉少なくカメラのシャッターを押し続けていました。切り立った崖からは沢山の滝が流れ落ちています。幾筋もの滝は地形によって狭まったり、広がったり、緑の中に白い絹糸を流しているようでした。まさに最高!気分は高揚しっぱなしでした。
乗り込みます
大きな魚に飲み込まれているよう・・・
    

 
沢山の滝が流れ落ちていました


絹を広げたよう
 
7人姉妹の滝 虹が架かっています
    

静かです

     
ブリクスダール氷河

1時間のクルーズはあっという間に終わってしまいました。興奮覚めやらずの私達は次に氷河を見に行くのです。氷河を見るのは初体験、ドキドキ、今日を楽しみにしていました。
ガイランゲルフィヨルドとソグネフィヨルドの間にヨステダール氷河があります。ヨーロッパで最大規模の氷河といいます。ブリクスダール氷河はヨステダール氷河の氷舌の1つ。トロッコに乗って氷河の近くまで登ります。毛布を何枚も膝にドーンとのせてくれました。それでも寒い!生憎、雨が降ってきて風があるのに傘を開いて・・・あおられてしまいます。つかまっているのに精一杯ですが、それでも写真を撮らないと。

トロッコに乗ります

傘を差しながら

行く手に滝が・・・すごい水しぶき

 トロッコを降りてしばらく歩くと川に大量の水が音をたてて流れてきます。氷河から流れ出した綺麗な水です。氷河が見え始めました。龍がくねりながら谷へ下りてきたような姿です。氷の中の青は透明で神秘的な美しさです。意外に細いのねと思ったら「1昨年の4分の3位になってしまったわね」と添乗員さんが言ったのにびっくり。そんなに溶けてしまったのですね。温暖化のせいでしょうか。今年来てよかった・・・2,3年後にはないかもしれませんね・・・
 

氷が縦に割れています

氷河の末端  
      ダレスニッパ展望台

バスはどんどん山道を登っていきます。全長15kmの長いトンネルを抜けると一面の氷の世界でした。湖も凍っています。外気温は何度なのでしょうか?

標高の1495mのダレスニッパ展望台から深い氷河の谷を見下ろします。遠くの峰々には陽が当たり神々しいほどの眺望です。
その素晴らしい眺めも強風にあおられて立っていることも至難の業です。それに凍えるほど寒い!


湖も凍っています

トンネルを抜けると雪に覆われていました。

飛ばされそうです

深い谷

陽の当たっている山は幻想的

 
ダレスニッパ展望台

あそこまで登りました
オスロへ 北欧目次へ ソグネフィヨルドへ