6月22日

今日のコース

知床5湖→小清水原生花園→女満別空港

世界自然遺産
秘境知床5湖
ネイチャーガイドツアー

今日はこの旅のハイライト知床5湖に行きます。ヒグマが出没したらツアーは取りやめになることがあるそうです。昨日は海が荒れたため知床遊覧船に乗れませんでした。今日はどうぞ完全に回れますようにと祈る気持ちです。

2005年世界自然遺産として登録された知床は北海道東北端からオホーツク海に面した半島と沿岸海域が対象となっています。
登録された当時は多くの観光客が訪れ、整備が整っていなかったため、大変荒れてしまったそうです。

現在はネイチャーガイドと一緒に説明を受けながら原始の森を感じて散策出来る仕組みがなされています。ヒグマの活動期である5月〜7月はネイチャーガイドツアーでないと地上遊歩道は歩けないそうです。とても良いことなのですが、規律は厳しいのですよ。
左の黄色線は
誰でも自由に
歩ける
高架木道
1湖だけ見られます。
無料

赤線は
ヒグマ活動期
(5月10日〜7月31日)を
抜かした小グループ
1湖と2湖を見ます。

レクチャーが必要、有料


右の青線は
地上遊歩道
5、4,3,2湖を
見ながら散策
階段を上がって
高架木道も
通ります

知床5湖全部を
見られます

レクチャーが必要
有料
私達30名は10名ずつのグループに分けられました。まず3時間のツアー中トイレがありませんので、かならず用を済ませます。そしてレクチャーの部屋でDVDを見ながら知床の成り立ち、注意事項、ヒグマに出会った場合などの説明を受けます。絶対に時間厳守です。10分刻みでグループが出発しますから。レクチャーが済んで入り口と反対の扉から外に出ると遊歩道の入り口でした。つまり一方通行のレクチャーの部屋を通らないと知床5湖地上遊歩道に出られないのです。

食べ物持参は一切ダメ。飴やガムは特にダメ、持参して良いのは水とお茶だけ。最近イチゴ味などフレーバーのお水がありますがそれもダメ。匂いがヒグマを誘うことになるからだそうです。




入り口から原生林の中に入っていきます。
ドキドキ・・・


水芭蕉の葉が茂っていました。
花が咲き終わるとこんなに大きくなります。
ヒグマの好物だそうです。柔らかそうな大きい葉です。
まだ食べられた様子はないので近くには来ていないと言っていました。


行き先は真っ暗です。不気味・・・


最初の湖  5湖


木が裂けていました。
知床連峰から吹き下ろす強風で折れるそうです


大木も折れていました。
大木が折れるほど強い風とは想像がつきません。


先が見えない所でガイドさんは手をパンパンたたき
ウオーウオーと雄叫びをあげます。
人間の存在をヒグマに教える為です。





倒れた木はそのまま放って自然の状態にしておきます


倒木更新 
木が3本並んでいます。倒木は何年も経つと腐食して苗床の様になります。そこに種が並んで落ちて生長しました。
幼樹で森林が若返ることを倒木更新といいます。


芽が沢山生えています


ぎんりょうそう 葉緑素がありません





エゾシカをみつけました



幹に穴が空いていました


中は空洞です


     
4湖                                      3湖



2湖に映る知床連峰


熊の糞(最近のではないそうで安心)


熊の爪痕
かなり高い所まで登れます



鹿の食害
木を枯らすので問題になっています


トンボの脱皮中を発見


石の上に芽を出して育っています


1湖に来ました。地上遊歩道は間もなく終わります。


何十年後はこの木のように石を跨いで生長するでしょう。

    
                               鹿の糞が積もるほど・・・


地上遊歩道から高架木道に上がります


高架木道は誰でも自由に散策出来ます


    

                                高架木道は800m。車いすも通れます 


電気柵が張り巡らせてあるので


熊は近寄れません





真っ青なオホーツク海です



木道の周辺は大正時代の開拓地でした。
北の厳しい土地をどうして開拓しようとしたのでしょうか。
現在笹原になっていますが、原始林に戻す働きが進められています。
その様子が書かれてありました。一度自然を壊すと元に戻すのは並大抵の事ではありません。






     
知床連峰に別れを告げて                             エゾシカの角です


小清水原生花園


オホーツク海を見ながら網走方面に走ります。オホーツク海と濤沸湖に挟まれた原生花園には40種類の花が咲くといいます。6月から7月にかけて一番綺麗らしいですが、いつまでも寒かった今年は満開にはなっていません。それでもエゾキスゲやエゾスカシユリなどがきれいでした。

単線の線路に可愛い駅がありました。5月1日〜10月31日までの臨時駅の原生花園駅です。駅員さんがいる日本一小さな駅だそうです。



JR釧路本線、原生花園駅


エゾキスゲ


ハマナス




エゾスカシユリ


  
                                      オホーツク海の向こうに知床連峰が望めます
濤沸湖

濤沸湖は砂州が砂丘となって海と遮断され湖が出来ました。湖の北端が海につながっているので汽水湖です(海水と淡水が入り交じっている)。

砂州が草原地帯となって原生花園となりました。


冬は鴨、雁、白鳥など多くの野鳥が飛来する湖で有名です。



   
放牧された沢山の馬が草原を駆け回っていました。北海道ならではの風景です。

冬の濤沸湖


飛来した白鳥で満員でした


流氷砕氷船オーロラ号


凍り付いた甲板に出て写真を撮ります。インフルエンザが治ったばかりの私は主人が止めるのも聞かず、ダウンコートに何枚もマフラーを巻き、上に大きなショールをかぶり・・・完全武装。
大急ぎで写真を撮り、慌てて船内へ戻ります。水平線まで流氷で覆われた北海の厳しさを目の当たりにして興奮しっぱなしでした。風邪は流氷に持っていってもらいました。








 

天都山展望台


小清水原生花園から女満別空港に行く途中に天都山展望台に寄ります。展望台からオホーツク海の向こうに知床連峰がうっすらと見えました。今日は知床の原始の森に行って来ました。日本の財産です。ご苦労はありますが、大切に大切に保存して下さい。


天都山から望んだ網走刑務所(中央)


冬の網走刑務所、
厳重に格子扉が閉まっています

      
ライラックの花が満開でした。私の大好きな花です。


天都山展望台からオホーツク海、知床方面を望む

1日目は強行軍でしたが、クルージングがキャンセルになったため2,3日はゆっくり楽しむことが出来ました。
クルージングは残念でしたが、世界自然遺産、秘境の知床5湖をヒグマにも会わず楽しいガイドさんの説明を聞きながら散策出来ました。日本の自然も魅力が溢れています。元気な内に歩き回りたいと次に行くところを探しています。    感謝

ホームへ トドワラへ