出国

去年は9月にイタリアに行って暑さに辟易しました。やはり夏は北国へということで今年は北欧になりました。憧れの地です。大自然を満喫したいとガイランゲルフィヨルドとソグネフィヨルドが入っているコースを見つけました。N旅行社でした。初めて使う会社ですから、ちょっと心配ですがどうでしょうか?

SASでコペンハーゲン乗り継ぎしてヘルシンキから観光が始まります。
 ヘルシンキ

フィンランドは国土の四分の1は北極圏にあるという北の「森と湖の国」、68%が森林、10%が湖沼と河川に覆われた美しい国です。観光に訪れたヘルシンキはバルト海の複雑に入り組んだ海岸線フィンランド湾に面して「バルト海の乙女」と呼ばれています。
 シベリウス公園

まずフィンランドの作曲家シベリウスを記念した、シベリウス公園に行きました。木と芝生に囲まれた公園に入ると何か金属で出来た柳のようなオブジェが立っています。何だろうとそばに寄ると何十本?何百本?のステンレスのパイプが寄せ集まっています。パイプオルガンの木をイメージしているのでしょうか。一本一本のパイプに淺彫りの彫刻がしてあります。

緑の自然の中に金属製のオブジェ、異質のように思われますが広い公園に見事に調和していました。

パイプ一本一本に彫刻が
シベリウスの像

有名なシベリウスの交響詩「フィンランディア」は私も大好きな曲です。
シベリウスのレリーフがありました。しかし、
頭だけが岩の上に置いてあるのです・・雲のようなものに包まれて・・・何を意味しているのでしょうか?
 
  
そこだけ記念撮影する人で混み合っていました。気が進みませんが私達もとりあえず写真を・・・。

カモメと戯れて


一見教会とは分からない

     テンペリアウキオ教会

天然の岩山を刳り抜いて造られた教会でした。低い岩にコンクリートの四角い入り口があるだけで、一見何の建物か分かりません。中に入るとそれは広い空間の礼拝堂でした。壁は自然の岩肌を利用して落ち着いた雰囲気を醸し出しています。天井の周りの180枚の天窓からは自然光が差し込んで礼拝堂を柔らかく包んでいました。
祭壇の後ろの壁の割れ目は氷河時代のをそのまま利用しているとか。
素晴らしい音響効果でコンサートが開かれているそうです。


柔らかな光が差し込んできます

氷河時代の岩の割れ目   

岩を砕いたダイナマイトの跡も
デザインとしてそのまま残してありました

ヘルシンキ大聖堂


ヘルシンキの中央に位置する元老院広場。その広場に面した高台に白亜の大聖堂が建っています。緑のドームが印象的です。福音ルター派だけあって内部は煌びやかさを押さえていますが、白を基調とした清楚な趣の中に威厳が感じられました。
1852年に完成。結婚式も多く執り行われているそうです。素敵ですね・・・

大聖堂が建つ大きな階段には観光客や学生達が腰を下ろして思い思いに元老院広場を眺めています。広場は大聖堂の他、ヘルシンキ大学、図書館それに旧上院議会が囲んでいます。


ヘルシンキ大聖堂とロシア皇帝アレクサンドル2世の像

内部は清楚でした

元老院広場(大聖堂から)
街歩き

ヘルシンキ大聖堂を見学後元老院広場に面しているお土産やさんへ。キシリトールのガムや小物を調達。乾燥ブルーベリーが欲しかったのに置いてありませんでした。ガイドさんは凄く高いですよって言っていましたが。日本より高いのかしら?概してお土産品は高いです。
北欧の手編みのセーターを何枚も買っている人がいました。厚地なのでかさばります。帰国後差し上げるお土産は気になりますが、大荷物になる物を初日に買って、これからどうするのだろうと思っていたらやっぱり道中苦労していました。きっとセーターを頼まれたのかも知れませんね。頼む方も考えましょう・・・・


海岸に出るとにぎやかなマーケットが開かれていました。各テントには野菜、果物、魚、が山積み、ここは市民の台所です。工芸品も一杯。眺めながら海に目をやると向こう岸にシリア・ラインの船が停泊しています。
今日はこの船に乗るんです。ワクワク・・・


車窓から

国立博物館

国会議事堂

ロシア正教会 ウスペンスキ寺院
    シリア・ライン

遠くから眺めても大きいのにターミナルに近づいて車窓から見た船はとてつもなく大きい。シリアライン「シンフォニー号」でバルト海をクルージングして、スエーデン、ストックホルムに行きます。
ターミナルからくねくねと通路を歩き乗船するまで時間のかかること。でもドキドキ・ワクワクしながらぞろぞろ歩くのも又楽しい・・・
船内で一番の注意は何台もあるエレベーター。間違って乗ってしまうと迷子になる恐れがあるとか。でもチケットに書いてある部屋NO.のアルファベットに乗ればいいのですから・・・

シリア・ライン発着ターミナル

長い通路を通って船に乗り込みます
ムーミンちゃんがお出迎え

通路の両側はお店(タックス・フリーです)

11階、最上階です
お部屋は最上階11階です。小綺麗でホテルのお部屋のようです。狭いですがシャワー室もついていました。
窓の外が海なので船の中と分かるくらい。
午後11時半になっても外は明るい。白夜です。はじめはいつまでも明るいと気持ちが高揚して中々寝付けませんでしたが、旅が中盤になってからは疲れが出たせいか、慣れたせいかで気にならなくなりぐっすり・・・

廊下は狭い

白夜23:30

早朝、誰もいません
一泊の船旅ですから起きたらもうストックホルムに近づいていました。5:30頃に甲板に上がってみます。風が強く寒い。早朝すぎてまだ誰もいません。

多くの島々の間をぬうようにして船は進みます。島の岸辺にはバンガローや別荘らしき建物が建っています。ちょっと海が荒れたら危ないのではと心配になるほど。
綺麗な風景に見とれているうちに下船の時間になりました。


小さない可愛い島が点在

沈みそうな小島


下船の支度です

 心残りです

さようならシリアライン
北欧目次へ ストックホルムへ