共和政中期  ポエニ戦争(BC264年からBC146年)

ローマがイタリア半島を征服した頃、地中海を制覇していたのは、かつてフェニキア人が植民地としたカルタゴでした。
そのカルタゴとローマによる3次に渡る戦争がポエニ戦争です。
ポエニという名前は、ローマ人がフェニキア人を指して呼んだ言葉です。

ローマは一時、滅亡の渕まで追い詰められましたが、強硬となったローマはカルタゴを完全に消滅させました。
又ギリシャ、マケドニアなどヘレニズム諸国も属州として、ローマは地中海の覇権を握っていきます。



第1次ポエニ戦争(BC264〜241)

イタリア半島のつま先、目と鼻の位置にある島がシチリア島です。

シチリア島の都市メッシーナとシラクサはカルタゴが占領していました。
そのメッシーナからローマにシラクサからの侵略に対し援助の要請が
あったのです。ローマは迷いました。

シチリアに参戦するには海を渡らねばならないからです。
地上戦で勢力を伸ばしてきたローマは軍艦はおろか輸送船も
持っていなかったのです。一方カルタゴは地中海第1の海運国で、
最強の軍船団を持っていました。

BC264年、第1次ポエニ戦争で最初に派遣された執政官は
アッピア街道を敷設したアッピウス・クラウディウスでした。
高慢、強気、確固たる意志、強い責任感あふれる一門でした。
その性格を受けて、アッピウスはひるまずカルタゴ軍が呆然と
見守る中17000の兵を乗せた船で海を渡ったのです。

ローマ海軍の始まりでした。




ローマの軍船


当時の海上戦は互いに激しくぶつかり合い相手の船を沈めるというものでした。ローマは戦いの技術も経験もありません。
しかもカルタゴ軍は漕ぎ手つまり戦闘要員が300人の5段層軍船の船をそろえていました。

一方「ローマ連合」の船は戦闘要員が100人の3段層軍船しかありません。カルタゴの船はローマの3倍の力がありました。
造船技術を知らないローマは捕獲したカルタゴの5段層軍船を解体、分析し、設計や組み立て方を真似して船を建造したのです。
100隻の5段層軍船と、200隻の3段層軍船によるローマ海軍が誕生しました。ローマ人は何事にも勤勉研究熱心でした。

ローマはカルタゴの船を真似しただけではありません。海上戦ではカルタゴにかなわないと、別の戦法を考え出しました。
船首に巨大な桟橋を取り付け、その先に大きなかぎ爪を下向けにつけました。「カラス」と呼ばれた装置です。

敵が近づいたら船首に取り付けた巨大な桟橋を敵の甲板に落下させます。
それは船の左右どちらにも動かせる仕組みになっていました。
その桟橋を通って突撃すればローマが得意とする陸上の戦いと同じになる戦法だったのです。




船首につけた巨大な桟橋の先に
下向きの大きなかぎ爪を取り付けました




かぎ爪を敵の甲板に落下させて
ローマ軍は敵船に乗り込みました。
地上戦はお手のものです。


BC256年シチリアの南端エクノモスで古代最大の海上戦が繰り広げられました。カルタゴ250隻、ローマ230隻の5段層軍船軍の戦いです。カルタゴの従来通りの陣形に対してローマは意外な陣形で迫まっていきました。逃げ道を失ったカルタゴ軍は3度の海戦に敗れたのでした。船を持たなかったローマは戦術でも海を知り尽くしたカルタゴ軍に勝さったのです。ローマは西地中海の覇権を握り「我らが海」と呼ぶようになりました。

BC241年までの23年間、第1次ポエニ戦争は続きました。ローマはシチリアを同盟でなく属州としました。以後イタリア半島以外の征服した地を属州とする新しい統治方法です。シチリアに総督が赴任し、ローマの直轄地として統治され、収穫物に3分の1の税をかけました。地中海有数の小麦の産地だったシチリアはローマにとって重要な穀倉の1つになりました。


第2次ポエニ戦争
(BC218〜201)

敗北したカルタゴにはローマに復讐心を燃やす若者がいました。ハンニバル・バルカです。カルタゴの総督となったハンニバルはスペインを制覇すべく南岸サグントを攻撃します。サグントはローマの同盟国でカルタゴは侵攻しないと約束した地だったのです。サグントはローマに支援を要請しました。BC218年、第2次ポエニ戦争の始まりです。

ローマがスペイン支援の軍隊を配備している間に29才の若者ハンニバルは軍を率いてピレネー山脈を越え、フランスに入り、アルプスを越えてイタリアに侵入するというとんでもないことをなし得たのです。カルタゴからローマへはシチリアから入れば近いのですが、第1次ポエニ戦争でシチリアはローマの属州になっています。それに制海権もローマがにぎっていました。そこでローマがまだ完全に制覇していない北を目指したのでした。




ハンニバルのアルプス越え

歩兵5万、騎兵9千、象37頭を引き連れて、スペインからピレネー山脈を越えフランスに入ったハンニバル軍は、アルプスを越えてイタリアに入る難コースをとりました。

アフリカでは象を戦車として使っていますから、ピレネーにも像を連れてきました。
巨体の象の群れは険しい岩山を登りきれるのでしょうか。


象を初めて見るガリアの原住民はビックリ、驚き恐れて、
正面から戦いを挑んでくる事はありませんでした。

ハンニバルはガリア人に「敵はローマだ」と言い金品を贈り、
かえって毛皮のマントをもらい道筋までも教えて貰ったといいます。


9月になり、雪がちらつきはじめました。
巨体の像を連れてのアルプス越えが始まりました。


象を引き連れてのアルプス越え

崖に沿った細い山道を巨像が歩きます。一歩踏み外せば谷底に転がり落ちてしまいます。

怖がって暴れたり足が進まなくなる象をなだめながら兵士達は必死で後ろから押します。
何頭もの象が足を踏み外し、荷車や兵士と共に谷底へ落ちていきました。
その有様は後方の騎兵達を恐れさせました。


味方に犠牲者が出る度にハンニバルは真っ先に駆けつけ兵士達を励まし元気づけました。
寒さと疲労の中、9日目に峠にたどり着いたといいます。

そこでハンニバルは東を指し示しながら言います。
「あそこはもうイタリアだ。イタリアに入りさえすれば、ローマの城門の前に立ったのと同じ事になる。もうここからは下りだけだ。
アルプスを越えて、1つか2つの戦闘をやれば我々は全イタリアの主人になれる」

それを聞いた兵士達から疲労が消え去ったといいます。



しかし下りは上りより困難が待ち構えていました。完全に冬に入り、積もった雪はすぐ氷になります。
その氷の上に雪が積もるのは雪崩が起きやすく最も危険でした。

何度となく雪崩に巻き込まれ、象も兵士達も谷底へ落ちていきました。
それでも象も人も寒さと疲労で動けなくなりながら、アルプスを越えたのでした。

アルプス越えに15日間かかったといいます。

スペインを出てから4ヶ月、軍勢は2万6千に減っていたそうです。
ピレネー山脈を越えた時より3万3千人も少なくなっていたのでした。
象は1頭しか残っていなかったとも伝わっています。




カルタゴとの戦争はスペインとシチリアでと考えていたローマ軍は、思わぬ方向から攻め込んできた敵を迎え撃つ態勢が出来ていませんでした。戦う為にはシチリアから戻る軍団を待たなければなりません。ハンニバル軍は北イタリアに住むガリア人の傭兵を集め兵力を増強していきました。そしてトレッピア、ティチーノ、トランジメーノの会戦で次々にローマ軍を撃破していったのです。それはハンニバルの計画通りの戦いでした。


BC216年
カンナエの戦いはローマ側が優勢のように見えましたし、兵力もローマが上だったのです。それもハンニバルの戦略だったのでしょうか。彼の巧みな戦術でローマ軍は壊滅し、犠牲者は7万人にのぼったといいます。その戦いはローマ史上最大の敗北でした。


それからハンニバルは南イタリアに向かいました。ローマ連合を味方に引き込み、南イタリアをほぼハンニバルの支配下に置きました。ローマは今までの敗北で、ハンニバルとの正面決戦ではかなわないと、持久戦に持ち込むことにしました。ハンニバルの会戦に応じず、敵の周囲を固め相手方の隙をみて攻撃したのです。
それは本国カルタゴからの補給を閉ざしハンニバルをイタリア内に孤立させる戦略でした。


武将スキピオ


BC210年スペイン戦線へ派遣されたのは若干24才の
スキピオでした。スキピオはハンニバルとの敗戦で苦い思いを味わいながら、敵から戦術を学び優れた武将になっていました。スペインで戦死した父と叔父の後を継いだのです。若きスキピオはすでにアフリカへと目をやっていました。自分から望みスペインに派遣されたスキピオはカルタゴの本拠地カタルへーナを奇襲し1日で攻め落としました。

スペインを守っていたハンニバルの弟ハスドルバルはイタリアへ逃げる途中待ち受けていたローマ軍に敗れ、その首をハンニバルの陣営に投げ込まれました。それを受け取ったハンニバルは陣を払いイタリア半島のつま先にこもり、ローマ軍とは硬直状態になりました。BC206年スキピオはスペインを制圧し、イタリアに戻ります。

BC204年スキピオが率いるローマ軍はアフリカに上陸しカルタゴ本国を巧みな戦法で制圧し、講和交渉を打ち出しました。

カルタゴは自国の戦いで初めての敗北でした。そこでハンニバルに帰還命令を出します。ハンニバルがイタリアに侵攻してから16年も経っていました。44才のハンニバルはスペインから共に戦い続けた兵士8千人と彼の信頼する精鋭7千人の1万5千人と共にイタリアを去りました。ローマはやっと喜びに湧いたといいます。

カルタゴはローマとの講和交渉中にハンニバルが帰還して強気になり、交渉を決裂し戦争の再開となります。ハンニバルは5万の兵と80頭の象を引き連れていました。

ザマの会戦 戦象との戦い


ローマの勝利

ザマの会戦
はカンナエの会戦のような激しさでしたが、ハンニバルの兵は全滅し、スキピオの完勝でした。
ローマはカルタゴにこれまでの敗戦国のように市民権を与えませんでした。アフリカ以外の領土をすべて放棄し、銀260トンという莫大な賠償金を払い、ローマの承認なしに他国と戦争をしないと条約を結ばせました。

カルタゴの経済や政治を追い詰め、ローマなしでは国家が成り立たないようにしたのでした。
BC201年第2ポエニ戦争は終結しました


東地中海の征服(マケドニア戦争BC215〜168)

凱旋したスキピオには「アフリカヌス」という尊称が与えられました。16年間の第2次ポエニ戦争が終結し、ローマはやっと平和を得たのでした。しかし凱旋の余韻が残る中、同盟国ギリシャの都市国家アテネがマケドニアから侵攻され援助を要請してきました。

マケドニア、アレクサンドロス大王の征服後、ギリシャ文化はギリシャとその植民地以上に拡大して広がっていきました。ヘレニズム時代には交易が活発に行われ、エジプトのアレキサンドリア、小アジアのアンティオキヤやベルガモンなどの壮麗な都市が建設されました。

ローマでは質実剛健のカトーのようにギリシャ文化がローマに浸透するのを反対する(フォロ・ロマーノのギリシャ式のバジリカ建設は彼が建てたのだから良いものは導入したようです。)人々はギリシャ文化がまじめな農耕民族ローマのモラルを低下させることを恐れたのでした。一方、スキピオのようにギリシャ語を理解し華やかなギリシャ文化や芸術に魅せられ、ギリシャやヘレニズム世界へ進出を望んでいる者も多くいたのです。

そのような時にローマはアテネからの要請で援軍を送ったのでした。仕方なく参戦したローマは
第1次マケドニア戦争(BC215年)で勝利すると条約を交わしさっさと引き上げていきました。しかしマケドニアはシリアと同盟を結び再びローマに対抗します。第2次マケドニア戦争(BC200〜197年)はシリアと海戦になりました。海戦を指揮したのはなんとまあ!シリアに亡命していたハンニバルだったのです。ローマは海上戦に慣れないハンニバルに勝利しエーゲ海の制海権を得て、アジアが開かれました。

ローマは小アジアのベルガモン王国をも属州としました。その後もギリシャとマケドニアがローマに開戦し、マケドニアとギリシャは大敗しました。

50年に及んだ3次によるマケドニア戦争で、BC168年ローマはマケドニアを滅亡させ、ローマの属州としました。これで地中海世界の覇権はローマのものとなりました。


ハンニバルとスキピオの死

活躍したスキピオは反スキピオ派の陰謀により失脚しローマを去り、BC183年ナポリ近郊の別荘で亡くなりました。
52才でした。

偶然にも同年ハンニバルも黒海沿岸で亡くなりました。ハンニバルはカルタゴの国内の建て直しをしていましたが、厳しいやり方に市民は我慢できなかったのです。彼はシリアに亡命しましたが、シリア軍はローマに敗れハンニバルをローマに引き渡すよういわれます。ハンニバルは黒海沿岸のビティニアに逃げ、ローマの追求の前に毒をあおったのでした。64才でした。

彼らの死後、ローマを率いていくのはスキピオを失脚させた
カトーでした。カトーは地方の平民階級から出て政界で成功した「ローマの新人」と呼ばれました。スキピオの「穏健派」からカトーの「強硬派」へとローマは変わろうとしていました。


第3次ポエニ戦争(BC149〜146)

カルタゴ滅亡

ローマが東方へ支配を拡大している間、カルタゴは北アフリカに生産性の高い農園経営を運営し、貿易に力を入れ、驚くべき経済復興を遂げてきました。ローマでは第2次ポエニ戦争で20年近く痛めつけられた経験からカトーをはじめカルタゴを徹底的に破壊すべきとの意見が出ていました。

その頃カルタゴではローマの同盟国であるヌミディアと境界紛争が起こっていました。それが他国との戦争を禁じた条約に違反したとして、ローマはBC149年にカルタゴに宣戦布告を出したのです。

驚いたカルタゴは無条件の降伏を申し出ました。

それによって「300人を人質に出す」「すべての武器と軍船を供出する」というローマの要求をのんだのです。
しかし強硬派であるカトーの反カルタゴ派は執拗をきわめ「戦争回避の為には何でもする」というカルタゴに対し、「首都カルタゴは破壊するから、住民は海岸から15km離れた内陸に街を建設せよ」と要求したのです。
これは海の住民にとって承諾出来ないことでした。

反発したカルタゴの民衆は戦いを挑む事にしました。カルタゴは武器製造工場となりました。籠城に備え食糧を蓄え、傭兵を呼び戻し、戦う為に囚人や奴隷まで解放されました。



カルタゴの軍港
カルタゴはチュニス湾に張り出した3方が海の自然の要塞です。
陸は3重の城壁で守られ突破は難しい。3年間の籠城で食糧の底がついた頃、
ローマ軍は海から侵攻し、市街戦は一週間も続きカルタゴ市街は炎に包まれました。

街は2度と再興出来ぬよう徹底的に破壊され瓦礫の山となりました。
5万人も奴隷にされたといいます。地面は平らにならされ、その上に一面に塩がまかれ植物も育たぬ、人も住めない地となりました。

BC146年消滅したカルタゴはローマの属州となり「属州アフリカ」と呼ばれました。

フェニキア人によって建設された
カルタゴは700年の歴史を閉じたのでした。

カルタゴの滅亡 ターナー
ホームへ ローマの誕生へ ローマ目次へ 共和政後期へ