イギリスからイスラエルまでヨーロッパ各地を旅して驚くことはどの国に行ってもローマの足跡が残っていることです。

西ヨーロッパからオリエントまで征服した古代ローマ帝国はどのような人物がどのように支配し発展させていったのでしょうか?


ローマの誕生

BC10世紀にはイタリア中部テレヴェ川のほとりにあるいくつかの丘にはすでに人々が定住していたといいます。
そこにやがてローマを建国する一族が小さな船でやって来ました。
神々をルーツに持つという一族については以下のような
伝説、伝承が伝えられています。



トロイ戦争

歴史はギリシャ神話に遡ります。

思いがけないことにトルコの西海岸にあるトロイの遺跡がローマのルーツなのだそうです。
ローマとトロイとは国が離れているのにどういう関係があるの?
って思いますよね。

トロイ戦争は
古代ギリシアにおいて、ホメーロスの英雄叙事詩『イーリアス』などに描かれている神話です。





ルーベンス 3美神 パリスの審判




トロイ古代遺跡の木馬




バチカン博物館にあるラオコーン像


トロイ戦争のそもそもの原因はオリンポスで人間の子ペーレウスと神話の神タイタン族の娘テティスの婚儀に争いの女神エリスが招待されなかったことから起こります。

招待されなく怒ったエリスは黄金のリンゴを「最も美しい女神へ捧げる」と叫んで神々の座に投げ入れました。このリンゴをめぐってへーラー、アテーナー、アプロディーテーの三女神による激しい対立が起こります。

大神ゼウスはこのリンゴが誰に相応しいかをトロイアの王子パリスにゆだねました。(パリスの審判)

三女神は最も美しい装いを凝らしてパリスの前に立ちます。
そして、ヘーラーは世界を支配する力を、アテーナーはいかなる戦争にも勝利を得る力を与えると申し出ます。しかし、パリスは最も美しい女を与えるとしたアプロデーテーを選びます。

「最も美しい女」とはスパルタ王メネラーオスの妻ヘレネーのことでした。

ヘレーネを奪ったことがトロイア戦争の原因となったのでした。


妃を奪われたスパルタ王は兄のアガメムノンと共にトロイアに赴いてヘレネーの引き渡しを求めました。しかし拒否された為、アカイア軍はアガメムノンを総大将とする総勢10万、1168隻の大艦隊をトロイアへおくりました。

遠征軍アカイア軍はトロイアの浜に上陸して撃退し、浜に陣を敷きました。トロイア軍は強固な城壁に籠城します。両軍は膠着状態で対峙し、10年目に差し掛かった頃です。

このままでは何時までも収まらないとアカイア軍は、巨大な木馬の内部に兵を潜ませるという作戦を考案します。

そしてギリシャ兵が隠れた巨大な木馬を
城壁の近くの砂浜に置いて撤退するよう見せかけ、引き上げていきました。(これが有名なトロイの木馬です)

籠城していたトロイ軍は砂浜に置かれた木馬をギリシャの戦利品として城内へ入れてしまいます。

夜中になって潜んでいたギリシャ兵が木馬から抜け出て城門を開き、待ち構えていたギリシャ軍は城内になだれ込みます。トロイの城は炎に包まれ一夜にして陥落してしまいました。

この「トロイアの木馬」の計画は、アポローンの神官ラーオコオーンに見抜かれていました。城内へ運ぼうとする市民達を諫めましたが、女神アテーナの怒りを買い、ラーオコオーンは両目を潰され2頭の蛇に襲われ二人の子供と共に殺されたといわれています。

BC18〜13世紀の頃の事でした。

ローマ建国はこの後に続きます。




トロイからイタリアへ

木馬の計略によって炎に包まれ陥落したトロイアから、アイネイアースは老いた父アンキーセースを背負い、幼いアスカニオスの手を引いてわずかな人々と共に都から脱出しました。

アイネイアースは父アンキーセ−スと愛と美の女神アフロディーテの子といいます。
成長したアイネイアースは常に神を敬う人物だったので多くの神々の援助を得ていました。

トロイアの船団は祖先の地を求めてギリシャの島々に辿り着きましたが、トロイアの祖先の地はゼウスの息子ダルダノスが住んでいたとされるイタリア半島であることを知り、その地を求めて海に出ました。

アエネアースがイタリアを目指す途中で父アンキーセースは亡くなりました。北アフリカに
漂着し、カルタゴの女王と互いに愛し合うようになりますが、ゼウスがトロイアの再興の為にイタリアへ渡るよう警告します。





父を背負うアイネイアース

カルタゴを去ってイタリア半島に到着したアエネアースは、巫女の導きによって冥界に入り、そこで亡き父アンキーセースと再会します。アンキーセースは、アエネアースの子孫が未来のローマの英雄となることを告げます。冥界から戻ったアエネアースは、北上し新たなトロイアを築くべき土地であるラティウム(現在のローマ)に上陸しました。

アエネアースはその地に住む王の娘ラウィーニアと結婚し新しくラウィニウムの町を築き、ようやく定住の地を得ました。その後近隣諸国との激しい争いでアエネアースは戦死したといわれています。

アエネアースの死後、王位を継いだ息子のアスカニウスは30年の治世の後に、その地を去って新しい街アルバロンガを建設します。そこが後のローマといわれている地です。


つまりローマ建国はラテン人とトロイア人の血を引く王家がルーツになるのですが・・・、


かくして400年の時が流れ、又
神話の世界に入ります。


ロムルスとレムス

アルバロンガの王の娘レア・シルウィアは王の死後、王位をねらった叔父に神に仕える巫女にされました。
レア・シルウィア王女に子が生まれたら不当に王位についた叔父には都合が悪かったからです。


ある日、軍神マルスは眠っていた王女に一目惚れし、天から降りて王女と愛を交わします。やがて王女は
双子を産み、ロムルスとレムスと名付けました。

それを知った叔父の王は怒り、将来王位を奪われることを危惧して、双子を籠に入れてテヴェレ川に流させます。籠が葦に引っ掛かっていたのでしょう。通りかかった狼は双子に乳を飲ませたといいます。

羊飼いが狼と一緒にいる双子を見つけて家に連れ帰り育てました。
この2人がローマ建国伝説の人物といわれています。








双子に乳を飲ませる狼

成長したロムルスとレムスは出生の秘密を知り、羊飼い達を引き連れてアルバロンガに攻め込みます。王を殺し、兄弟は2人が育ったテヴェレ川の下流に新たな国を建設しました。テヴェレ川の東岸には
7つの丘がありました。

そこで年が同じ双子の為にどちらが王になるかでいさかいが起こります。それでは2人で分割統治をしようとロムルスはパラティーノの丘、レムスはアヴェンティーノの丘にそれぞれ都市を構え、境界線を引きました。しかし、レムスはその境界線の溝を飛び越えたのです。ローマにとって境界線は聖別された線で"犯すことの出来ない境界"とされていたのです。レムスはロムルスに殺されました。


ローマ建国


BC753年4月21日、ロムルスはパラティーノの丘の周囲に城壁を築き、神々を祀りました。
ロムルス18才。3000人のラテン人(ロムルスが引き連れてきた羊飼いや農民達)よって建国されました。
ロムルスから名付けた王国ローマの誕生です。

ローマは町の拡大のため戦った近隣諸国の敗者にもローマ人同様の市民権を与えました。後々までのこのやり方はローマを強化していく事になります。


サビーニ族の女性を強奪


ローマ建国当時は独身の男性が殆どでしたから、女性を巡っての争いが絶えませんでした。そこで考えついたのが、サビーニ族を競馬に招待して、サビーニ族の女性を強奪することでした。ローマとサビーニ族と戦いになろうとした時、女性達はローマの男性を褒め讃えローマ人の花嫁になると言いました。
女性達はサビーニ人がローマに勝ち目がない事を知っていたのです。そこでローマ人はサビーニ族の女性を妻として迎えました。

その後サビーニ人達はローマの市民権を与えられ、長老達は元老院の議席も与えられました。ローマ人はラテン族とサビーニ族が混じり合って誕生したとも伝えられています。近隣に住む部族はローマと同化し人口は増え兵力も増大していきました。


フィレンツェ、シニョーリア広場のロッジアにあるサビーニ女の強奪像→




パラティーノの丘   皇帝の屋敷や神殿、宮殿の跡が数多く残っています。
手前はかつての大競技場チルコ・マッシモ    車窓から




イタリア半島、エトルリア人とギリシャ人

8世紀、ローマが落ち着いたイタリア半島は、中部に
エトルリア人、南はギリシャ人が住んでいました。

エトルリア人はイタリア中部、トスカーナ地方から南部にかけてゆったりとした丘陵地帯に都市を築いていました。
北はフィレンツェのアルノ川から南はローマのテレヴェ川までです。12の都市国家は連邦制をとっていました。
航海者であり、商人であり、肥沃な農地、豊富な鉱物資源に恵まれた地域でした。

エトルリア文明の技術は素晴らしく、この技術でもってローマ帝国を建設したといっても過言でないといいます。特にアーチとヴォールトの建設技術でもってローマ帝国は水道、橋、門、地下排水溝などの大規模工事を成し遂げていきました。
又、優秀な技術で優れた金属製品を作り、高い経済力でギリシャとの交流もあったといいます。


一方、当時のギリシャは貴族によって統治される都市国家ポリスの時代でした。経済は発展し植民地建設が最も盛んな時代でした。植民地は黒海沿岸からフランス、スペインまで及びました。イタリアは南イタリア、ナポリから南の海岸線、シチリア島の
メッシーナ、シラクサなど統治され、植民地として急速に発展し繁栄を築き上げていきました。一帯を「大ギリシャ」と呼ばれていたほどです。互いに海洋国であったエトルリアとギリシャは交流が盛んでした。


2大勢力国の間に挟まれた建国したばかりのローマは7つの丘がある本当に小さな国でした。交流したくても農業と牧畜しか知らないローマ人には資金も貨幣もありませんでした。海に面さない地はエトルリア、ギリシャ両国にとって魅力がなかったのでしょう。侵入されず相手にされなかった事はローマの発展に幸いしたのかもしれません。




王政ローマ
(BC753年〜509年まで)


ローマの王政はロムルスから7代続き、徐々に領地を拡大していきました。


初代の王となったロムルスは国政の機関を"王と元老院と市民集会"と3つに分けました。

@まず
王は市民集会による投票で選ばれる
A王に助言する100人の
元老院。後に貴族と呼ばれる。
B市民集会はローマ市民全員で構成、王の政策を承認、否認する。
  戦争も講和も市民集会の承認が必要でした。


ロムルスの治世の37年間の大半は近隣諸国の部族との戦いに明け暮れました。100人の兵士で1隊を組む100人隊の制度はロムルスが考え出したことといいます。
国の拡大の為、負けた部族の人々をローマに移住させ、ローマ人同様の市民権や投票権を与えました。あらゆる人々をローマに受け入れました。

領土は広がり、人口も増加していきました。

BC715年、凄まじい雷雨と竜巻が起こり、ようやくおさまった後にロムルスの姿は何処にも見いだせなかったといいます。王は天に召されたとして"ローマの父、神"として祀られました。


2代目の王、ヌマは徳が高く教養も深い人格者でした。

彼は防衛の為の戦争以外は不要として農業と牧畜に力を入れ国民が生計を立てていけるようにしました。

@戦争によって基礎を築いてきたローマに
法と秩序を定める
A
暦の改革をする。1年を12ヶ月、355日。20年毎に訂正する。1月を年の初めとした。祭日休日を制定。
B宗教の改革。ローマには最高神ユピテルをはじめ、多くの神々が住み、他の民族の神々も認める。

ヌマはよく1人で森にこもっっていました。森から出てくると改革案を市民集会に提案し承認されたといいます。
治世43年後亡くなりました。
ローマの内政をまとめた穏やかな時代だったそうです。



3代目4代目再び近隣諸国と戦いの歴史が繰り広げられ、勢力を拡大していきました。
地中海まで進出し、通貨に代わる塩を生産するようになりました。




5代目タルクィニウス・プリスコ


ローマに住めば、市民権が与えられる、王にもなれるとしてエトルリアからローマに来たのはタルクィニウス・プリスコでした。王になったタルクィニウスはまず大規模な干拓事業を行います。


ローマは7つの丘を囲むように湿地帯が広がっていました。その湿地帯に地下水道を通し湿地帯の水を川に流し干拓しました。

干拓で平地となった所は公共広場となり、舗装され、エトルリアと匹敵する建築物が建ちました。公共の中心地
ォロ・ロマーノが出来、大競技場も建設されました。
これで7つの丘の各部族間で交流が出来るようになり、ローマは1つにまとまていきます。


一番高いカピトリーノの丘にはローマの最高神ユピテル神を祀る
ユピテル神殿を建設しました。

これらの干拓事業、都市や神殿建設などの技術は全てエトルリアから学びました。ローマの都市は見違えるように変貌し、商工業が活発になり、人々の生活も向上していきます。

その頃のローマの7つの丘
セルヴィウスが建てた城壁


6代目セルヴィス・トゥリウス

6代目の王セルヴィス・トゥリウスはローマの7つの丘をすべて囲む城壁「セルヴィウスの城壁」を築きました。


現在、ローマ、テルミニ駅にセルヴィウスの城壁が残っています









城壁に守られたローマは近隣諸国の中でも群を抜く強さになっていました。アヴェンティーノの丘に狩りの女神ディアナ神殿を建て、他では見られない立派な神殿となりました。




最期の王、7代目タルクィニウス


5代目タルクィニウス・プリスコの息子スペルヴスは6代目セルヴィス・トゥリウスを暗殺し、市民集会の承認なく王位につきました。ローマの王政は行き詰まっていきます。25年の治世の後、市民は横暴な王の一族をローマから追放しました。

BC509年、王政は終わり、共和政時代に入ります。




共和政ローマ初期 
BC509年〜270年頃まで)

共和政は王に代わる執政官を市民集会で選ぶ制度です。  選ばれた執政官は2人、任期は1年。
元老院とローマ市民による市民集会で政治を行います。

次第に貴族と平民の階級闘争が生ずるようになり
十二表法(市民の権利や裁判などについて12枚の銅板に刻まれた。ヨーロッパ世界の法文化の基礎になった)が制定されました。



敗北と改革、イタリア半島統一

BC390年ケルト人はヨーロッパ大陸移動しながら各地で略奪を重ねてローマにも侵入してきました。ローマはケルト人に残虐な限りをつくされ破壊されました。ケルト人は7ヶ月も占拠した後、多額な身代金を受け取り立ち去りました。ローマにとってその屈辱は計り知れないものとなりました。

この敗北でローマは今まで以上に強固な城壁を築き街を再建し、軍事体制の建て直しをするきっかけとなりました。

BC5世紀に王政から共和政になりましたが貴族に対する平民の不満は強くなっていきました。対立を解消するため
「リキニウス法」を制定、身分の差なく執政官、元老院が選ばれるようにしました。貴族が政治を行うのでなく、少数の優れた人々(貴族でも平民でも)が統治する寡頭政体になったのです。
政治の改革以降ローマは益々興隆、発展していきました。

その後北のエトルリアや近隣諸国、又南イタリアのギリシャの植民地と戦い、敗者を同盟国にして国土を広げて行きました。イタリア半島の3分の2を支配する国にまで広がっていったのです。ローマは地中海で名を知られるようになりました。

BC270年頃イタリアは北のルビコン川からメッシーナ海峡まで
イタリア半島統一を果たしました。

BC267年ローマははじめて自国の通貨を持ち、他国との同等な関係が持てるようになりました。



ローマ街道


古代ローマの領土内には道路網が張り巡らされていました。

「すべての道はローマに通ず」といわれる
ローマ街道です。

最初に敷かれたローマ街道が
アッピア街道でした。BC312年に建設が始まりました。
アッピア街道を敷設したアッピウス・クラウディウス
街道名は敷設した人の名で呼ばれています)
共和政創立時からの名門の出身でした。

後のシチリア島、メッシーナ支援の第1次ポエニ戦役でシラクサとカルタゴ軍を撃破したローマ軍の執政官です。
アッピア水道など、本格的な上下水道工事を始めた人でもあります。


アッピウスは重い戦車や軍団が街道を往復する事を考え、走りやすく耐久性があるよう堅牢強固に建設しました。

街と街との間はなるべく直線に平坦になるようにし、低地には盛り土をし、
山は切り崩し又トンネルを通し、馬車がすれ違える幅にしました。

6mの道幅を1,5m以上深く掘り下げ、大きい石塊、細かい砂利と荒い砂利で埋め、モルタルで固めた小石を大槌で打ち固め、頑丈な玄武岩を隙間無く敷き詰めました。
さらに雨水が地面に浸透しないよう道路中央を高くアーチ状にして路肩に排水溝を設け、歩道も設けたといいます。

アッピア街道はそれ以後ローマの街道建設のお手本とされ
"街道の女王"と呼ばれました。




アッピア街道
馬車の轍の跡がついています

すべてのローマ街道はフォロ・ロマーノを起点にし、1ローママイル(約1,5km)毎に里程標が立てられました。又、ローマ軍の1日の行程である30kmおきに宿場町がつくられました。

ローマ街道は軍が迅速で安全に行軍できるようにとの目的で敷設されましたが、一般市民も利用出来、物流などの経済も発展したといいます。

フォロロマーノにある各街道の
起点、里程標

1マイル毎に立てられた
マイルストーン


歩道も設けられました
後に四角い石が並べられ修復されています


アッピア街道はBC190年にはイタリア半島のかかとに位置するブリンディシまで開通され、
BC1世紀頃にはローマとイタリア半島の主要都市が道路網で結ばれました。

ローマの勢力が広がるにつれて街道は都市から都市へ結ぶように敷設されました。
ローマの属州だった
現在のイギリスからフランス、スペイン、ギリシャそしてアフリカまで
地中海全域を網の目のように張り巡りました。

AD330年頃にはローマ街道の距離は約8万5千kmにも及んだそうです。


    
ホームへ ローマ目次へ ポエニ戦争へ