フランスの美しい道と村々をめぐる 12日間

フランス南西部とオーベルニュ地方をめぐる

                                 2012年10月

前回のフランス旅行ではパリを中心に回りました。

煌びやかなパリの街には魅了されましたが、

パリでは本当のフランスに出会えませんでした。

それは田舎町にあるといいます。

フランス南西部、ペリゴール地方、

オーベルニュ地方の小さな村、美しい村を訪ね、

本当のフランスをさがす旅に出ました。

小高い丘に望む天空の村、

静寂な山間に佇む聖地、

中央山塊にはローマ時代からの歴史ある街々、

奇岩の上に建つ礼拝堂

心躍る絵のような美しい風景に出会いました。



断崖絶壁に建つ聖地、ロカマドール
目次
1,2日目 出国 コルド・シュル・シェル サン・シル・ラポピ
3日目 パディラック洞窟  ロカマドール
4日目 コンク
5日目 ロック・ガジャック   ベイナック城   ドンム
6日目 サルラ   ラスコーU
7日目 トゥルヌミール   サレール
8日目 クレルモン・フェラン   ボルヴィック ご一緒したM様には素晴らしい写真を
沢山いただきました。掲載させて頂きまして、
今までにない充実したホームページを
作成する事ができました。
ここにお礼を申し上げます。

9日目 ル・ピュイ
10日目 リヨン
11,12日目 帰国
ホームヘ フランス表紙へ

コルド・シュル・シェル